HoYoverseは、スマホ/PC/PS5向けスペースファンタジーRPG『崩壊:スターレイル』の情報発信番組「Ver.2.3「さよなら、ピノコニー」予告番組」を6月7日(金)に放送しました。本稿では発表内容をひとまとめでお届けします。


◆新たな開拓クエスト「さよなら、ピノコニー」開放
新たな開拓クエスト「さよなら、ピノコニー」が開放されます。「調和セレモニー」が中断されたことで「ファミリー」の評判に大きな傷がつき、オーク家を除く4大クランが事件の余波を収束させるべく全力を尽くす中、列車組はファミリーとの重要な会談に証人として出席するため、「暉長石号」に招待されます。

◆模擬宇宙の大型アップデート「階差宇宙」登場
暉長石号では、スクリューガムが主導する模擬宇宙の大型アップデート「階差宇宙」も登場します。

「階差宇宙」ではゲームのコンテンツが大幅に変更されており、例えばキャラダウンロードの制約を受けることなく、所有キャラ全員を自由に切り替えて使用可能に。キャラのレベルが均衡レベル上限を下回る場合は、自動的に上限まで引き上げられるうえ、適した臨時光円錐と遺物も自動で付けてくれます。

そして「方程式」というバフが導入され、異なる2種類の運命の祝福を組み合わせ可能に。
祝福を必要な数だけ集めると「方程式」が解放され、パーティが対応する戦闘能力ボーナスを獲得できます。

この他にも「階差宇宙」では再挑戦が可能になり、挑戦に失敗しても編成をやり直して再び挑戦できるようになっています。また、新次元界オーナメント「奔狼の都藍王朝」「劫火と蓮灯の鋳煉宮」も登場します。

◆新たな常設コンテンツ「末日の幻影」追加
新たな常設コンテンツ「末日の幻影」が追加されます。旅の中で出会ったボスに再挑戦でき、毎期に2体のボスが登場。挑戦は計4つの難易度に分かれています。
他の常設コンテンツ同様、バフを選択して戦闘に活かすこともできます。

「末日の幻影」の難易度2のステージを初めてクリアすると、キャラクター「雪衣(壊滅・量子)」、星玉×300と自塑樹脂×1を入手可能です。

また、Ver.2.3アップデート後に解放される「混沌の記憶」、「虚構叙事」および「末日の幻影」から獲得できる毎期の最大報酬が星玉720個から800個に引き上げられます。

◆新イベント開催&新遺物登場
Ver.2.3のイベントでは、パズルゲームを楽しめる「折り紙の小鳥マッチ」や、戦闘イベント「スターライト・フラッシュ」、お馴染みの「巡星の礼」「次元界分裂」「世を満たす異器」が開催されます。

さらに、ストーリーを進めていなくとも「開拓者(調和・虚数)」を直接もらえるイベントが開催。イベントページから受け取れるとのこと。
なお、すでに調和の運命を解放している場合、「調和」の影×1を受け取れます。

また、新遺物「蝗害を一掃せし鉄騎」「風雲を薙ぎ払う勇烈」も登場します。

◆仙舟の新キャラクターたちが一挙紹介!
番組の最後には、仙舟の一大イベント「仙舟演武典礼」なるものの開幕が予告。「各仙舟の代表者たちが星天演武で競い合う姿を目撃することになる!」と紹介されており、仙舟の新キャラクターたちと思われるシルエットが公開されました。

メンバーは天撃将軍「飛霄(ヒショウ)」、燭淵将軍「懐炎(カイエン)」、医者にして名料理人「椒丘(ショウキュウ)」、丹鼎司の新任司鼎「霊砂(レイサ)」、鳥羽怪人「モゼ」 、焔輪八葉の1人「雲璃(ウンリ)」、そして「伝説の新人剣士」です。

この内「椒丘」と「雲璃」は公式Xでキャラクター情報が公開済み。
他のキャラクターも情報公開が楽しみなところです。

Ver.2.3アップデート「さよなら、ピノコニー」は2024年6月19日(水)に配信予定です。放送ではこの他にも、新実装キャラクターの紹介や跳躍スケジュール、シリアルコードが公開。関連記事でまとめているので、あわせてご確認ください。

また、6月8日(土)6時から行われる「Summer Game Fest 2024」の配信番組に本作が登場することも予告。「『崩壊:スターレイル』は全世界の優秀な作品と一緒に登場し、銀河冒険の続きを一足先に皆様にお披露目します」とされているので、こちらもお見逃しなく。


© COGNOSPHERE