任天堂は6月18日、情報発信イベント「Nintendo Direct 2024.6.18(以下、ニンダイ)」を配信。様々なゲームの新情報で盛り上がる中、番組のナレーションを務める声優・中村悠一さんの投稿に注目が集まっています。


◆中村悠一、任天堂の超技術で記憶消されてる説
ニンダイのナレーションとしてお馴染みになった中村さん。番組制作に携わっていることや中村さん自身もゲーム好きであり、ニンダイを心待ちにしているファンからは「事前に情報を知っているゲーマー」として羨望の眼差しを集めています。

今回のニンダイでもナレーションを担当した中村さん。一方で、自身のX(旧Twitter)では番組の実況をしており、『かまいたちの夜』や『逆転検事』の新情報が発表された際には「かかかかかまいたち……!」「みみみみみみつるぎいいぃぃぃぃぃ……?!」などと投稿。

一見すると番組を楽しんでいるようですが、前述の通り本来内容を知っているはず。にもかかわらずあからさまな“初見なリアクション”に、X上では「しらばっくれやがって…!(褒め言葉)」「守秘義務から解放されててめちゃくちゃ笑う」などのツッコミが寄せられることに。


あまりの白々しさに一部からは、「中村悠一、任天堂の超技術で記憶消されてる説まである」「任天堂に中村悠一のクローンがいる」などの超常的な説まで囁かれています。

そんな中村さんはニンダイ終了から間もなく、番組内で発表された『ロマンシング サガ2 リベンジオブザセブン』と『ドラゴンクエストIII(HD-2D版)』の限定版を早くも予約。今後のゲームライフに備えています。