2020年の「中秋の名月」は10月1日。お月さまと心優しく哀しいうさぎのお話…とは?

2020年の「中秋の名月」は10月1日。お月さまと心優しく哀しいうさぎのお話…とは?
       
2020年の「中秋の名月」は10月1日。もうすぐですね。

吹く風も涼しく、虫たちが奏でる音色も美しくなる秋。空気が冷え空も高くなり、一年の中で一番月がきれいに見える季節です。月をめでる「中秋の名月」という習慣は、平安時代に中国から伝わったといわれています。

現代でも、9月になると待ちかねたようにお月見にちなんだ食べ物やお菓子などがリリースされますよね。日本に定着している「お月見」は、家で楽しむことができる秋を代表するイベントです。

中秋の名月をより楽しむためのお月見雑学や、うさぎに秘められたやさしくも哀しい逸話をご紹介しましょう。

■平安貴族も楽しんだ月をめでる宴

2020年の「中秋の名月」は10月1日。お月さまと心優しく哀しい...の画像はこちら >>


観月祭(写真:photo-ac)

一説によると、月を眺めて楽しむ習慣は縄文時代頃からあったといわれています。そして、唐から本格的な「お月見」の風習が日本に入ってきたのは800年代の後半。

919年には、第59代天皇・宇多天皇が、日本オリジナルの月見の宴を開催しました。当時のお月見は酒を酌み交わしつつ詩歌や管弦を楽しむという風流なもので、庶民には全く縁のない催しものだったそうです。

2020年の「中秋の名月」は10月1日。お月さまと心優しく哀しいうさぎのお話…とは?


第59代天皇・宇多天皇(写真:wikipedia)

貴族の優雅な遊びとなったお月見
2020年の「中秋の名月」は10月1日。お月さまと心優しく哀しいうさぎのお話…とは?


京都・嵯峨野の大覚寺 大沢池(写真:photo-ac)

平安時代には、お月見は非常に豪華な催し物に進化。嵯峨天皇は京都・嵯峨野の大沢池に船を浮かべ、お酒を飲み音楽を奏で、水面に映った池を愛でるという贅沢な楽しみ方をしました。

あわせて読みたい

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「フェス」のニュース

次に読みたい関連記事「フェス」のニュースをもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月29日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。