豊臣秀吉の痕跡をあとかたもなく消し去れ!墓も神社も破壊した徳川家康の執念 【後編】

豊臣秀吉の痕跡をあとかたもなく消し去れ!墓も神社も破壊した徳川家康の執念 【後編】
       
徳川幕府安泰のため、大阪の陣で豊臣秀頼を滅ぼした徳川家康。

次に狙いを定めたのが、京都にある秀吉の墓と秀吉を祀る豊国神社を破壊し、人々の記憶から秀吉を消し去ることでした。

ここまでのいきさつは、【前篇】もぜひご覧ください。

豊臣秀吉の痕跡をあとかたもなく消し去れ!墓も神社も破壊した徳川家康の執念 【前篇】

■秀吉から「豊臣乃大明神」の神号が剥奪される

豊臣秀吉の痕跡をあとかたもなく消し去れ!墓も神社も破壊し...の画像はこちら >>


 神として祀られた秀吉だが、豊臣家の滅亡とともに家康により神号が剥奪された。(写真:塩川文麟画/長浜市立長浜城歴史博物館蔵)

徳川家康は、1614(慶長19)年の大阪の陣で豊臣秀頼を滅ぼしました。しかし、家康の豊臣家に対する仕打ちはそれだけにとどまりませんでした。

家康が次に狙いを定めたのが、京都における豊臣秀吉の痕跡を一切消し去ることだったのです。

それが、秀吉を祀る豊国神社とその墓である豊国廟の廃止でした。

1615(元和元)年、家康の意向により、勅許を得て「豊臣乃大明神」の神号が剥奪されます。ここにおいて、秀吉は神ではなくなり、その霊は方広寺大仏殿裏側に建てられた五輪塔に遷されました。

秀吉の遺体そのものは、阿弥陀ヶ嶽山頂の豊国廟に残されたまま放置されたのです。

豊臣秀吉の痕跡をあとかたもなく消し去れ!墓も神社も破壊した徳川家康の執念 【後編】


 阿弥陀ヶ嶽山頂に続く豊国廟の参道。(写真:Wikipedia)

■朽ちるにまかされた豊国神社と豊国廟

豊臣秀吉の痕跡をあとかたもなく消し去れ!墓も神社も破壊した徳川家康の執念 【後編】


 政治的に大きな影響力を有していた北政所。家康に嘆願し、豊国廟と豊国神社の破壊を阻止した。(写真:Wikipedia)

あわせて読みたい

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。