奈良時代に唐で大出世するも”日本に戻れなかった”不運すぎる遣唐使・阿倍仲麻呂

奈良時代に唐で大出世するも”日本に戻れなかった”不運すぎる遣唐使・阿倍仲麻呂
拡大する(全3枚)
この記事では、奈良時代に真面目と勤勉さが功を奏して活躍したにもかかわらず、不運にも唐に行ったまま日本に戻れなかった英雄「阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)」を紹介します。

阿倍仲麻呂の性格や活躍ぶりは意外と知られていませんが、実は、とても興味深い人物です。

阿倍仲麻呂の活躍

奈良時代に唐で大出世するも”日本に戻れなかった”不運すぎる遣...の画像はこちら >>


698年、大和国で産まれた阿倍仲麻呂は、幼少の頃より秀才として有名でした。その秀才ぶりを買われて、717年には多治比県守らと一緒に「遣唐使」として唐へ派遣されます。

そして、唐でも科挙(現在の官僚試験のようなもの)に合格し、官僚職へ推薦されるなど秀才ぶりを発揮。出世していきました。

阿倍仲麻呂の性格

733年に次の遣唐使が唐へ派遣されることになり、阿倍仲麻呂は日本へ帰国するように促されます。しかし、唐での仕事が残っているからと、義理堅い阿倍仲麻呂は帰国を断ったのでした。

運が悪い阿倍仲麻呂

翌年には阿倍仲麻呂も帰国する準備が整い、唐を出港します。

この時、出港した船4隻のうち3隻は無事に帰国しましたが、阿倍仲麻呂を乗せた一隻は船旅の途中で嵐に遭遇し、なんと難破してしまうのです。

難破した阿倍仲麻呂のその後

阿倍仲麻呂を乗せた難破船は、翌日になっても日本へ帰国することはありませんでした。

そのことから、親友であった李白も「明月帰らず 碧海に沈む」と阿部仲麻呂を月にたとえた詩を詠い、阿倍仲麻呂の死を悼みました。

しかし、阿倍仲麻呂は遥か南方にあるベトナムで漂着し、なんと生存していたのです。

この記事の画像

「奈良時代に唐で大出世するも”日本に戻れなかった”不運すぎる遣唐使・阿倍仲麻呂」の画像1 「奈良時代に唐で大出世するも”日本に戻れなかった”不運すぎる遣唐使・阿倍仲麻呂」の画像2 「奈良時代に唐で大出世するも”日本に戻れなかった”不運すぎる遣唐使・阿倍仲麻呂」の画像3

当時の記事を読む

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク