意外と呑気な後方部隊?「関ヶ原合戦図屛風」のいちばん左上にポツンとあるのは誰の陣?

意外と呑気な後方部隊?「関ヶ原合戦図屛風」のいちばん左上にポツンとあるのは誰の陣?
拡大する(全7枚)
天下分け目の関ヶ原(せきがはら。現:岐阜県不破郡関ヶ原町)……と言えば、歴史ファンなら誰もが知っているであろう関ヶ原の合戦(慶長5・1600年9月15日)。

その激闘を描いた関ヶ原合戦図屏風を見たことがある方も多いと思いますが、あれもじっくり観察すると、細かなところまで描き込まれていて実に興味深いものです。

さて、こちらの屏風を見ていると、ふと疑問に感じました。

意外と呑気な後方部隊?「関ヶ原合戦図屛風」のいちばん左上にポ...の画像はこちら >>


屏風の一番左上、山の向こう側にポツンと陣が張ってあり、黒地に石(こくもち)紋の旗がひるがえる近くに「山中臺」と書いてありますが、これは武将の名前でしょうか。

意外と呑気な後方部隊?「関ヶ原合戦図屛風」のいちばん左上にポツンとあるのは誰の陣?


「関ヶ原合戦図屏風」より。決戦の舞台から遠く後方の「山中 臺」とは?

位置的には石田三成(いしだ みつなり)率いる西軍なのでしょうが、山中という苗字の武将はいたのでしょうか。そもそも、決戦の舞台から遠く離れたこんなところで、いったい何をしているのでしょうか。

■意外と呑気な後方部隊

……結論から先に言いますと、この山中臺とは武将の人名ではなく「やまなかだい(臺は台の旧字)」という地名で、西軍の武将・大谷吉継(おおたに よしつぐ)が前日まで陣を張っていた跡地なのだそうです。

そう言われてみれば、右下に陣を進めている大谷義隆(大谷吉継)も黒地に石餅紋の旗指物を使っていますね。

意外と呑気な後方部隊?「関ヶ原合戦図屛風」のいちばん左上にポツンとあるのは誰の陣?


「関ヶ原合戦図屏風」より。大谷義隆(吉継)の陣

屏風の書き方が「山中_臺」とスペースが開いていたので、てっきり人名かと思ったのですが、他の人名は別にスペースを開けてもいないので、ここに書き入れる時にたまたまそうなっただけなのでしょう。

この記事の画像

「意外と呑気な後方部隊?「関ヶ原合戦図屛風」のいちばん左上にポツンとあるのは誰の陣?」の画像1 「意外と呑気な後方部隊?「関ヶ原合戦図屛風」のいちばん左上にポツンとあるのは誰の陣?」の画像2 「意外と呑気な後方部隊?「関ヶ原合戦図屛風」のいちばん左上にポツンとあるのは誰の陣?」の画像3 「意外と呑気な後方部隊?「関ヶ原合戦図屛風」のいちばん左上にポツンとあるのは誰の陣?」の画像4
「意外と呑気な後方部隊?「関ヶ原合戦図屛風」のいちばん左上にポツンとあるのは誰の陣?」の画像5 「意外と呑気な後方部隊?「関ヶ原合戦図屛風」のいちばん左上にポツンとあるのは誰の陣?」の画像6 「意外と呑気な後方部隊?「関ヶ原合戦図屛風」のいちばん左上にポツンとあるのは誰の陣?」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Japaaanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク