地獄絵図の虐殺!日本史上稀に見る鬼畜戦略、豊臣秀吉による「鳥取の飢え殺し」とは?
拡大する(全6枚)
■羽柴秀吉、鳥取城へ

ウクライナ情勢から目が離せない昨今ですが、かつて「ホロドモール」という、人工的に飢饉状態を作り出して行われた虐殺がありました。

実は日本史上でも、似たような戦略が採られたことがあります。豊臣秀吉による「鳥取の飢え殺し」です。

今回はその内容を探ってみましょう。

織田信長に中国攻めを命じられた羽柴秀吉は、天正8(1580)年、鳥取城の攻略に着手します。

当時の鳥取城の城主は山名豊国。彼は「堅城」と名高い鳥取城に籠り、一進一退の攻防を繰り広げますが、3ヵ月ほど経ったある日、突然城を抜け出して秀吉の陣中を単身訪れ降伏してしまいます。この降伏の理由には諸説あり、本当のところははっきりしません。

地獄絵図の虐殺!日本史上稀に見る鬼畜戦略、豊臣秀吉による「鳥...の画像はこちら >>


山名豊国(Wikipediaより)

で、城は織田方に落ちるかと思われましたが、徹底抗戦を掲げていた重臣たちは降伏せず、逆に毛利方に有力武将を派遣するように要請するなど、徹底抗戦の構えを見せます。これにより、鳥取城の城主として吉川経家(きっかわ つねいえ)が派遣されました。

これを受けて、秀吉は天正9(1581)年3月に、2万の軍勢を率いて再び鳥取城へ侵攻します。

鳥取城に入った経家は、兵力を分散させるよりも、城に集中させて戦う方が有利とみて籠城戦を選択しました。

これが惨劇の始まりでした。

■籠城戦VS兵糧攻め!

この地域は11月になれば大雪に見舞われるため、10月まで城を守り抜いて持ちこたえれば、敵は戦いを中断して引き上げざるを得ません。よって、籠城は有効な選択に思われました。

この記事の画像

「地獄絵図の虐殺!日本史上稀に見る鬼畜戦略、豊臣秀吉による「鳥取の飢え殺し」とは?」の画像1 「地獄絵図の虐殺!日本史上稀に見る鬼畜戦略、豊臣秀吉による「鳥取の飢え殺し」とは?」の画像2 「地獄絵図の虐殺!日本史上稀に見る鬼畜戦略、豊臣秀吉による「鳥取の飢え殺し」とは?」の画像3 「地獄絵図の虐殺!日本史上稀に見る鬼畜戦略、豊臣秀吉による「鳥取の飢え殺し」とは?」の画像4
「地獄絵図の虐殺!日本史上稀に見る鬼畜戦略、豊臣秀吉による「鳥取の飢え殺し」とは?」の画像5 「地獄絵図の虐殺!日本史上稀に見る鬼畜戦略、豊臣秀吉による「鳥取の飢え殺し」とは?」の画像6