【日韓経済戦争】ユニクロ決算「過去最高」絶賛の日本 「業績急落」激辛の韓国 新聞で読み解く日韓の違い

【日韓経済戦争】ユニクロ決算「過去最高」絶賛の日本 「業績急落」激辛の韓国 新聞で読み解く日韓の違い
「ユニクロは世界中から受け入れられている」と強気の柳井正会長(写真は2012年撮影)
       

ユニクロ、海外で稼ぐ 営業利益、国内を逆転 主要小売業で初」(日本経済新聞)、「ユニクロ、韓国の実績急落」(中央日報)......。

2019年10月10日、カジュアル衣料大手の「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングが決算報告を発表したが、日本と韓国の新聞では業績の評価をめぐって真っ二つに分かれた。

不買運動による売り上げの激減を強調する韓国紙。それにはあまり触れず、小売業初の快挙に注目する日本紙。両国の新聞を読み解くと――。

柳井正会長「世界中で受け入れられている」と強気

ファーストリテイリングが10月10日発表した2019年8月期連結決算によると、売上高は前期比7.5%増の2兆2905億円、純利益が5.0%増の1625億円で、いずれも過去最高を更新した。

絶好調といえそうで、共同通信(2019年10月11日付)が「ファストリ決算、過去最高 海外ユニクロ好調」の見出しで、こう伝えている。

「中国や東南アジアが好調で『海外ユニクロ事業』の売上高が初めて1兆円を超えた。柳井正会長兼社長は記者会見で『せんえつだが、(ユニクロが)世界中で受け入れられている』と語った。本業のもうけを示す営業利益も海外ユニクロが『国内ユニクロ事業』を上回った。一方、日韓関係の悪化による不買運動が打撃となり、韓国は減収減益だった」

海外のユニクロ事業では、売上高の約半分を中国や香港、台湾で占めており、それらの国で大きく伸びたのが大きかった。10月初めにインドに1号店を出店。ベトナムにも12月に進出する予定だ。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ユニクロ + ワンピース」のおすすめ記事

「ユニクロ + ワンピース」のおすすめ記事をもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月11日の経済記事

キーワード一覧

  1. ユニクロ ワンピース

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。