健康を害する「座りっぱなし」のリスク

現代人の多くが座り過ぎ。死亡率や心臓病発症率が上昇

健康を害する「座りっぱなし」のリスク
一昔前は、「人生の中で最も多くの時間を費やすのは『睡眠』」ということで、「毎日使う寝具にはお金をかけようという考え方」がありました。しかし、現代人においては、寝ている時間よりも座っている時間の方が長いかもしれません。

通勤中は車、電車などに座り、デスクワークの仕事をしていれば、勤務中も座りっぱなし。家に帰ってもテレビやパソコンの前に座ってダラダラ過ごし、気づけば午前様なんてことも。1日14時間以上も座っているのが日常という人もいるかもしれません。

1日に6時間座る生活を続けていると、たとえ日常的に運動をしていたとしても、1日に3時間しか座らない生活の人に比べて15年以内に死ぬ確率が40%増えるとのこと。また、デスクワーク中心の仕事をしている人は、立ち仕事が中心の人に比べて心臓病になる確率が2倍に高まるそうです。

「座る」がカラダに与える変化

座れば脳や脊髄から足の筋肉に送られる電気信号が滞って、代謝によるカロリー燃焼率が毎分1kcalほどまで下がり、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」の中性脂肪の脂肪燃焼率も90%低下するとともに善玉コレステロールが減少します。また、座ってから2時間が経過すると善玉コレステロールが20%減り、24時間経過した後ではインスリンの効果が24%減って糖尿病のリスクが上昇することもわかってきました。

さらに、人体の解剖学的見地から見ると、椅子に座れば臀部(でんぶ)から後大腿部にかけて体重の圧迫を受けます。後大腿部には、太い静脈が通っています。その静脈は、総大腿整脈と、そこから分岐する深大静脈や浅大静脈が膝後ろへ走っています。それらの血管が圧迫されることで、血流が悪くなり、主に膝の裏側に血栓ができやすくなります。また、下肢に酸素や栄養が運ばれ難くなります。


あわせて読みたい

ジジコの記事をもっと見る 2015年11月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。