なぜ新聞に消費税の軽減税率が適用されるのか?

なぜ新聞に消費税の軽減税率が適用されるのか?
拡大する(全1枚)

なぜ新聞に消費税の軽減税率が適用されるのか?の画像はこちら >>

消費税軽減税率とは?

軽減税率とは、標準税率より低く抑えられた税率のことです。私たちの消費した物やサービスに課税される消費税は、誰でも同じ税率が適用されるため、低所得者の負担が大きくなります。そのため、消費税に複数の税率を導入し、食料品などの生活必需品には、低い税率を適用して消費者の負担を軽くするのが目的です。欧州では、すでに食料品などに軽減税率を設け、消費者の税負担を軽くしています。

単純に食料品など生活必需品の税率が下がるため、消費者にとって負担軽減になることが一番のメリットです。毎日の暮らしの中で、税負担の軽減を実感することができ、必要度の高いものほど税負担が軽くなれば、家計へのダメージが少なく感じることができます。また、生活必需品の消費税が下がるので、出費の大半が生活必需品である低所得者は消費税の負担が少なく済みます。

「新聞」は「生活必需品と言えるのか」が考えるポイント

軽減税率の適用対象となる「新聞」とは、『定期購読契約が締結された週2回以上発行される、一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載するもの』とされております。従って、コンビニエンスストアや駅売店などでの新聞の販売は、定期購読契約に基づくものではないため軽減税率の適用対象となりません。

他方、インターネットを通じて配信する電子版の新聞は、電気通信回線を介して行われる役務の提供である「電気通信利用役務の提供」に該当し、「新聞の譲渡」に該当しないとされております。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ジジコの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク