菅首相の総裁選不出馬に「逃げ」「けじめつけろ」と相次ぐ失笑

菅首相の総裁選不出馬に「逃げ」「けじめつけろ」と相次ぐ失笑
拡大する(全1枚)

「私自身、総裁選出馬を予定する中なかで、コロナ対策と選挙活動を考えると、莫大なエネルギーが必要で、やはり両立はできない。国民に約束している新型コロナ感染拡大を防止するため、専任したい」

9月3日、こう話したのは菅義偉首相(72)だ。今月中旬から自民党総裁選が行われるが、菅首相は冒頭のように“立候補しない”との意向を示した。

さかのぼること半月ほど前、菅首相は8月17日の会見で総裁選に対して「時期が来れば当然と答えており、変わりはない」とコメント。23日には側近である小此木八郎前国家公安委員長(56)が、菅首相自身の地元である横浜市の市長選で敗北。その際にも、「時期が来れば出馬するのは当然だという考え方に変わりはない」と総裁選に意気込んでいた。

さらに同月末には、総裁選のライバルである下村博文政調会長(67)を“牽制”したことが報じられた。

「菅首相は下村政調会長を官邸に呼び出し、10分ほどの会談を実施。そして、下村氏に出馬する意向があるかどうかを確認し、『政調会長が出馬するなら、経済対策の取りまとめをお願いすることにはならない』と伝えたといいます。つまり『総裁選へ出馬するなら、政調会長を辞任せよ』と迫ったというのです」(全国紙記者)

根回しするほど総裁選に息巻いているのかと思われたが、しかし出馬は断念。それも「新型コロナ感染拡大の防止に専念したい」という不思議な理由だ。

■「なにいってんのかわかんない」「けじめぐらいつけろよ」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク