橋本聖子 札幌冬季五輪“実現したい”発言に「もう勘弁」の大合唱

橋本聖子 札幌冬季五輪“実現したい”発言に「もう勘弁」の大合唱
拡大する(全1枚)
(写真:アフロ)

「状況が許せば近い将来ですね、また日本で開催することができたらいいなと思っております」

9月5日、13日間に及ぶ東京パラリンピックが閉幕した。閉会式に先立つ大会総括会見で、こう語ったのは橋本聖子会長(56)だ。

’64 年の開催以来、2度目の東京開催となった今大会。各メディアによると将来的な開催の可能性を問われた橋本会長は、冒頭のように“3度目”の意欲を示したという。

また日本オリンピック委員会(JOC)は昨年1月、2030年冬季五輪の国内候補地を札幌市にすると正式決定。実現すれば’72年以来2度目となり、北海道出身の橋本会長は会見で「何とか実現できればと思っております」とも語ったという。

橋本会長の“意欲発言”に、SNS上では反対を訴える声が相次いでいる。

《世間にあれだけ醜態晒してて、まだこう言える神経がわからん》
《まず今回の東京五輪についての招致から開催に関する詳細な予算の動き等々、詳らかにして国民の了承と確認を取ること。話はそれからだ》
《どんだけ金使うねん。オリパラ試合を見るのは好きだけど一生日本じゃなくていい》
《これはもう勘弁してほしい》

30年冬季五輪は札幌市でーー。JOCの山下泰裕会長(64)は8月18日の会見で「招致のためには札幌市民、国民からの支持が重要な要素であるということ」と語っていたが、支持を得られる見込みはあるのだろうか?

「今回の東京大会は、世論調査でも多くの国民が反対していました。そもそも新型コロナの拡大を受けて2年延期案が出ていたのに、安倍晋三前首相(66)のプッシュによって“強行開催”となったのです。さらに、森喜朗元会長(84)が女性蔑視発言で辞任。開会式直前には演出担当者が外れるなど、人事の面でも問題続きでした。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク