生まれつきの性格と諦めないで…専門医に聞く「“夫のモラハラ”への対処法」

生まれつきの性格と諦めないで…専門医に聞く「“夫のモラハラ”への対処法」
拡大する(全1枚)

なにかと“息苦しさ”が指摘される現代。その原因が夫との生活にあると、どうしても毎日がしんどくなってしまうことに……。そんなギスギスした関係を解きほぐすためのヒントを、専門医に教わりましたーー。

「私が声をかけるたびに、『うるさい。お前は文句しか言えないのか!』って、最近よく、逆ギレされます」(50代主婦)

「コロナで在宅時間が長くなった主人が、部屋の隅のちりを見逃さず、『お前は四角い部屋を丸く掃く』と。小姑みたい」(50代パート)

「ひとり暮らしの母の顔を見に、この冬は帰省していいものか、夫の意見も聞きたいのに、『実家のことは任せる』って聞く耳を持たなくて……」(50代アルバイト)

このように、夫との関係に悩む読者の声が、編集部には多く寄せられる。

コロナ禍の自粛生活で、夫婦が家で顔を合わせている時間は激増、それと比例してストレスも増えたと感じている人は多いようだ。

「加えて、夢中だった子育てが一段落したり、早期退職した夫が家でゴロゴロしていたり……。そんな状況下の妻がストレスをおぼえる“モラハラ夫”には共通項があることが多いんです」

こう話すのは、精神科医で岡田クリニック院長の岡田尊司先生だ。

「プライドが高すぎて、妻や家族の言葉に耳を貸そうとしない夫。あるいは、親切心で妻がかけたひと言を『けなされた』と捉えてしまう夫。そうした言葉や行為の背景には『パーソナリティ障害』が潜んでいることが多々あります」(岡田先生・以下同)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク