あの三浦友和&百恵さん夫妻も愛した味が復活するーー!

老舗の和菓子店「紀の国屋」の“復活劇”が話題だ。創業から70年以上、東京都の多摩地域を中心に展開していた「紀の国屋」だが、5月16日突如廃業。

ファンから惜しむ声が多く挙がっていたところに、スイーツのインターネット販売事業者「アイ・スイーツ株式会社」が5月26日、紀の国屋の元従業員20名を雇用して、「匠紀の国屋」として紀の国屋の和菓子の味を受け継ぐことを発表した。

そして6月3日には「匠紀の国屋」として、国分寺店と東大和店の2店がオープン。当日、国分寺店に取材に訪れると、“復活”を待ち望んだお客さんたちが、朝9時半の開店前から行列をつくっていた。

「アイ・スイーツ株式会社」の稲垣富之代表に話を聞いた。

「いままでの店舗の工場などすべてなくなってしまって、小さなスペースで作っていますので、今はまだ商品も最中だけですが、今月中には『あわ大福』や『おこじゅ』も復活させることができるかと思います」

『おこじゅ』は紀の国屋の和菓子のなかでも人気商品のどら焼き。実は廃業の発表があった5月16日に、ある芸能人が《もういちど、おこじゅ食べたかった…》とSNSに投稿したのだが、その芸能人というのが三浦友和&百恵さん夫妻の長男・三浦祐太朗(38)。

三浦家でずっと食べていたとテレビ番組で紹介するほど、なじみの味だったようだ。

前出の稲垣さんは言う。

「国立のお店には、三浦友和さんにもよくお越しいただいていたと、従業員から聞いております。ただ、百恵さんもいらしていたそうなんですが、最後までわからずじまいだったそうで……。場所柄、素敵な方も多いせいかもしれませんが、街に本当に溶け込んでいらっしゃるというか(笑)。お恥ずかしいんですが、わからないものですね」

祐太朗は、前出の投稿の翌日にも、《紀の国屋さん廃業の件、現実かどうか確かめたくて昨夜、谷保の店舗を見に。

おこじゅ、あわ大福、最中などなど三浦家のソウルフードでした》などと、閉店した店舗の写真とともに投稿。実はこれが従業員たちの励みになったと稲垣さん。

「廃業が決まり、新店舗がスタートするまでの間に、従業員みんなが祐太朗さんが上げてくださったSNSの投稿を画像で保存しているんです。いきなり廃業が決まり、働いていた従業員も心が折れかけていたときに、あの投稿があったので、みんな励まされました。わざわざ閉店しているお店まで足を運んでくださる気持ちがうれしかったんです。みんな、それを励みに新店舗のスタートの日を迎えることができました」

稲垣さんは、祐太朗や、友和、そして百恵さんら、三浦家一家に新店舗を訪れてほしい、と話す。

「以前の店舗より、利用していてだくには不便な場所になったのかもしれませんが、いつかまたお会いできる日を心待ちにしながら頑張っていきたいと思います」