平野紫耀「10年以上行ってないお祭りでイカ焼き食べたい」
拡大する(全1枚)

6月29日に4枚目のアルバム『Made in』をリリースしたKing&Prince。本誌では、あえていつもより少しラフな着付けで、あでやかな浴衣姿の5人を撮り下ろし。大人の色香が漂う彼らの原点や今回のアルバムについて、各メンバーに話を聞きました♪

平野紫耀(25)

――アルバム表題曲『ichiban』とかけて、メンバーの中で自分がNo.1だと思うことは?

「ジャンプ力です。コンサートで、舞台下からジャンプして登場したとき、跳びすぎて怖かったくらいです。ほかにも背筋とか握力とか、筋力関係は負ける気がしません(笑)」

――現在の自分の原点となったエピソードを教えて。

「小学校1年生のとき、ダンスを習いたいってお母さんに言ったんですよ。それからずっと、楽しくて続けてきたことが今につながってるんだと思います」

――自分の人生に影響を与えた人や物事は?

「ジャニーさんです。よく『Youはどしっと構えてなさい』と言われてたので、それは今でも意識してます」

――今年の夏にやりたいことを教えて。

「夏祭りに行きたいですね。もう10年近く行ってないかもしれません! イカ焼きが大好きだから、すべての屋台からイカがなくなるまで食べまくりたいです(笑)」

――今回のアルバムのお気に入り曲や好きなポイントは?

「岸くんと海人、僕の3人で歌った『僕の好きな人』は、失恋ソングなのに明るい曲調になっているのが好きです。プライベートでもずっと聴いてます!」