《これからは、より一層自分らしく芸事に励み、人に必要とされるように努めて参ります》

1月16日、KAT-TUN中丸雄一(40)が所属事務所の公式サイトで、元日本テレビアナウンサーの笹崎里菜さん(31)との結婚を発表した。

「2人は’15年から’18年まで情報番組『シューイチ』(日本テレビ系)で共演していました。

中丸さんは付き合う女性との『共有』や『共感』を大事にするタイプ。一緒の現場で、やりがいや苦労を共有できたことが結婚の決め手となったのかもしれません」(制作関係者)

中丸にとっての理想の夫婦像は両親だという。

「お父さまが元警察官でかなり厳しい方で、お母さまはそんなお父さまと子供3人をしっかり支える倹約家だったそうです。中丸さんはお母さまから『急にお金をたくさん持っても勘違いしてはいけない』と、金銭感覚について徹底して言い聞かされてきたとか。そんな両親の教えで育った彼は、結婚相手には『真面目で家庭的』というのが譲れない条件だったそうです」(芸能関係者)

中丸自身にも家庭的な一面があるようで、『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)に関するインタビューではこう明かしている。

《僕自身は番組で紹介した家事を実際にプライベートで真似してみることが多くて、料理レシピも実践しています》(「テレ朝POST」’19年9月1日掲載)

中丸は夫婦で料理を分担していきたいようだ。

「主夫を演じたドラマの撮影現場で、『この役のように料理を作ってあげるのもいいけど、相手にも作ってほしい。男はやっぱり胃袋をつかまれたら心もつかまれますよ』と話していたそうです」(前出・制作関係者)

では、新妻の料理の腕前は?

「笹崎さんは20代前半のころは外食や出来合いのもので済ませることが多く、自炊はほとんどしていなかったとか。正直、料理音痴というイメージを持たれていました。以前、情報番組の簡単クッキング企画で、レンジでチンするだけの料理を作って、共演者から『これなら笹崎アナでもできるね』などといじられていましたしね」(前出・制作関係者)

しかし、愛の力が笹崎を変えたようだ。

「’19年、笹崎さんのSNSで《#花嫁修行を飛ばしてるから》《#なるべく自炊するようにもしてます》などのタグを付けた投稿があり、自炊を始めたことを報告していました。なんでもご両親が2人とも料理上手でレシピを教わっているとか。

パスタや丼ものから始め、今では和食中心にドーナツまで自作できるほど腕前が上達したそうです。中丸さんに何をリクエストされてもいいように習得したのでしょう」(前出・制作関係者)

新妻が振る舞う手料理に胃袋と心をつかまれた中丸。幸せ太りには気を付けて!