三田佳子 かつて「大河のヒロイン」オファー断り続けたワケ

三田佳子 かつて「大河のヒロイン」オファー断り続けたワケ



「『いのち』(’86年)と『花の乱』(’94年)の2作品に主演することができましたが、役者にとって大河ドラマというのは、本当に特別な存在なんです」



こう話すのは、55年という長いNHK大河ドラマの歴史の中で、唯一、2度にわたり主人公を演じた女優・三田佳子(75)。今年スタートした『おんな城主 直虎』で56作目となる国民的番組・大河ドラマは、つねに時代を映しつづけてきた。そんな大河ドラマの知られざる舞台裏を彼女が語ってくれた。



「『いのち』は、大河で初めての架空の主人公で、ヒロインは、戦前戦後を生き抜いた女医・高原未希。当時43歳だった私が、彼女の20歳から60代なかばまでを、一年を通して演じる。これは、題名さながらに“命を削る”仕事でした」



橋田壽賀子の脚本では、主人公はほぼ出ずっぱり。そのうえ5~6回分を並行しての撮影も。若いころから50代までの未希を、1日で演じることもザラだった。



「同じ未希でありながら、年代によって外面も内面も異なる彼女を演じられたのは、映画界で鍛えられた経験があったからこそだと思います。映画で徹底的に役を掘り下げた経験が生きたんでしょうね。たとえば、ドラマの冒頭では、率先して顔をすすだらけにして演じました。当時、テレビで女優がそこまでやることはめずらしいことでしたが、そういう必死の努力をしながら、作品を作り上げていったものです」



20歳のころの未希を演じたせいで、視聴者の中には彼女を20代だと思い込んだ人もいたようで、そうしたファンがロケ現場まで追いかけてくることもあったそう。それだけ主人公の生き方と重なり合うことができたという証だろう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 三田佳子 次男
  2. 三田佳子 長男
三田佳子のプロフィールを見る
女性自身の記事をもっと見る 2017年1月15日の芸能総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「三田佳子 + 次男」のおすすめ記事

「三田佳子 + 次男」のおすすめ記事をもっと見る

「三田佳子 + 長男」のおすすめ記事

「三田佳子 + 長男」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木砂羽」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木砂羽」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら