世界的眼科医が警告!白内障手術で眼科選びに注意すべき理由

世界的眼科医が警告!白内障手術で眼科選びに注意すべき理由



昨年12月に発売された光文社新書『視力を失わない生き方』。この本では、海外の学会で最高賞を20回も受賞している世界的トップ眼科医が、日本の眼科の時代遅れの治療を告発しており、発売から1カ月で3刷りと、売れ行きも絶好調である。著者の深作秀春医師は、「眼科は外科であるため、手術の腕がとても重要」と眼科選びの重要性をくり返し訴えているが、さらに、本の中では触れられなかった、手術の際に用いられる「眼内レンズの質」も重要だと訴える。以下は、深作氏が寄せてくれた言葉だ。



白内障手術は技術だけでなく、眼内レンズ自体の質も重要



私がアメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)の理事になりたてのころ、眼内レンズの品質が大きな問題になった事件が頻発しました。中でも、世界的な某企業の製造するレンズは、材質の分子間結合が緩く、間に水の分子が入り、次第に濁ってくるという問題が起きました。眼内レンズにはアクリルという素材を使います。眼を小さく切開して、レンズを折りたたんで入れるために、このアクリルが、従来の硬いプラスチックに比べて柔らかい素材に変えられるようになったころに問題が起きました。



問題となったメーカーは、折りたたむタイプのレンズの先発メーカーでした。柔らかいアクリル素材を型に流し込むようにして作るために、素材の分子間結合が緩すぎたのです。他の後発メーカーによるものは改良がなされており、ある程度は柔らかいのですが分子間結合は充分に強い素材が使われました。その素材の塊を「レースカット法」という方法で削り出してレンズを作っています。しかし先発メーカーのように、アクリルの分子の配列が緩すぎると、間に水の分子が入り込み、徐々にレンズが白内障のように濁ってきます。実際に数年で、まるでまた白内障になったような濁りが眼内レンズ自体に出てきてしまうのです。


あわせて読みたい

女性自身の記事をもっと見る 2017年2月2日の女性コラム記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。