歴史を象徴する5枚の有名な写真の真実。実はどれも捏造されていた。

歴史を象徴する5枚の有名な写真の真実。実はどれも捏造されていた。

Berliner Illustrirte Zeitung
 我々がまだ生まれる以前、人類にどのようなことが起きていたのか?

 過去を知るには、残された記録や伝聞を分析した歴史家の考察に頼らなければならない。だが時に、当時を記録した写真の中には捏造されたものもある。

 当時は、画像加工技術が今のように誰にでもできる時代ではない。写真は重要な事実の証拠の1つだったのだ。写真を信じる人が多いのもうなずける。

 ここでは歴史を象徴する有名な5枚の写真に隠された真実を見ていくことにしよう。
【5. ヘラジカに乗るセオドア・ルーズベルト】

[画像を見る]
Underwood & Underwood/New York Tribune
 第26代アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルト。彼のもっとも象徴的な姿は、ヘラジカの背にまたがり、川を渡ろうとしているこの写真のものだろう。

 ヘラジカの巨体を眼の前にして、それにまたがろうなど、よほど豪胆な人間にしかできないことだろう。

 これをやってのけたとされるルーズベルトは、カウボーイのような男性的リーダーシップで知られていた。だがこの写真、じつはフェイクだったのだ。

[画像を見る]
Underwood & Underwood/New York Tribune
 写真が作られたのは1912年、彼がブル・ムース党(進歩党)に擁立されて、大統領選を戦っていたときのこと。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年5月19日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。