攻撃性を抑制する効果があると世界の刑務所で採用されているピンク色の独房。受刑者は「屈辱的」と不満の声

【ピンク色効果を狙ってドイツやアメリカでも使用】

 他にも、クールダウンピンク効果を狙った目的で、現在刑務所以外の施設で適用されているのが、「ドランクタンク」と呼ばれる警察内の留置場だ。

 逮捕された泥酔者らが、酔いを覚ますまで入れられる留置場をピンク色にすることで、「効果は絶大。すぐにおとなしくなって、ピンク色の部屋でより速く眠りにつく」と警察署員は話している。

 ドイツでは、複数の都市の刑務所がクールダウンピンクを使用している他、2006年にはアメリカのテキサス州の刑務所でも、受刑者の再犯を防ぐ目的として独房だけでなく囚人服やタオル、靴などをピンク色で統一した。

[動画を見る]

 またアイオワ州にあるキニックスタジアムでは、アメフトチームのコーチが、相手チームのロッカールームをピンク色に塗装。これは、敵チームが少しでも試合に消極的に挑むことを狙ってのアイデアだそうだ。

【専門家ら効果絶大と誇示するも物議を醸す】

 専門家や刑務所スタッフらの間では、クールダウンピンク効果が絶大と誇示されているが、受刑者らの間では不満の声があがっている。

 スイスのある刑務所で服役していたという元受刑者は、「小さな少女の寝室のような部屋に入れられたことは屈辱的だった」と語った。また他の受刑者らも、「女性的でか弱いイメージがあるピンクの独房に入れられることは、ステレオタイプ的で差別的だ」と不満を訴えている。

 現在も、スイスの一部の刑務所ではクールダウンピンクが使用されているが、その鎮静効果については、様々な物議を醸しているとのことだ。

[動画を見る]
Prisoners in Pink
References:Oddity Centralなど / written by Scarlet / edited by parumo

記事全文はこちら:攻撃性を抑制する効果があると世界の刑務所で採用されているピンク色の独房。受刑者は「屈辱的」と不満の声 http://karapaia.com/archives/52278634.html
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク