ある日突然姿を消したホームレス男性の愛犬。必死の捜索の末に再会、犬は男性の腕の中に飛び込んだ(アメリカ)

ある日突然姿を消したホームレス男性の愛犬。必死の捜索の末に再会、犬は男性の腕の中に飛び込んだ(アメリカ)


 欧米では、犬を連れているホームレスの人々をよく見かける。家も身寄りもない彼らのそばに、常に寄り添ってくれる犬は、唯一無二の心の支えとなっているようだ。

 たとえ、自分が食事をとることができない日があっても、一緒にいる犬にだけはきちんと食べ物を与え世話をしているというホームレスはとても多い。彼らは犬に愛情を注ぎ、犬も彼らを愛する。そこには深い絆があるのだ。

 アメリカ・テネシー州のホームレスの男性も、心を通わせる愛犬がいた。ところが、ある日その犬は突然姿を消してしまった。

 男性が必死で捜索したところ、保護施設にいることが判明。飼い主と再会した犬は、全身で喜びを露わにした。
[動画を見る]

【苦しい日々を支える唯一の仲間であり家族】

 犬のボボ(Bobo)は、テネシー州メンフィスでホームレスをしている、元アーテイストのアンソニー・ロジャーズさんの飼っている愛犬だ。

[画像を見る]

 様々な事情を抱え苦しい時期が続き、ホームレスになってしまったアンソニーさんにとって、ボボは孤独を癒してくれる唯一無二の仲間であり、家族だ。

 ボボもアンソニーさんを慕い、どんな時でもそばに寄り添っていた。

 ボボは、アンソニーさんにとても可愛がられ、食事も優先して与えられて大切に世話をされながら一緒に暮らしていた。彼らには深い絆が育まれていた。

【ボボ、ある日突然姿を消す】

 しかし、突然ボボはアンソニーさんの前からが姿を消した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク