薬が効かない耐性細菌。ゲノムを変化させるだけでなく、変形して抗生物質の目をくらましていたことが明らかに(英研究)

薬が効かない耐性細菌。ゲノムを変化させるだけでなく、変形して抗生物質の目をくらましていたことが明らかに(英研究)


 抗生物質の乱用によって誕生した薬剤耐性菌(スーパーバグ)の広まりは、現代の医療にとって最大の脅威のひとつとされている。

 抗生物質が効かなくなるため、いくつもの感染症がどんどん治りにくいものとなっており、薬剤耐性菌が原因による死亡はすでに世界で年70万人に達している。

 もしこのまま薬剤耐性菌の広まりを効果的に食い止める方法がわからないままであれば、2050年までには年1000万人が治療できなくなってしまった病気によって死ぬかもしれないのだという。

 つまり、がんによる死者を上回ることになるという予測すらあるのだ。
【ゲノムを変化させるだけじゃなかった。耐性細菌の恐ろしさ】

 細菌が抗生物質への耐性を身につける方法としては、まずゲノム(遺伝情報の全体・総体)を変化させるというものがある。

 こうすることで細菌は、たとえば抗生物質を排出したり分解できるようになったりする。あるいは免疫系から隠れるために、成長や分裂を止めてしまうこともある。

 しかし『Nature Communications』(9月26日付)に掲載されたイギリス・ニューカッスル大学の研究グループによる論文では、もうひとつ、これまであまり知られていなかった方法で耐性を身につけることもあるという。

 それは細菌そのものが変形して免疫や抗生物質の目をくらますという、遺伝的な変化を必要としないやり方だ。

 基本的にあらゆる細菌は細胞壁にかこまれている。これはぶ分厚いジャケットのようなもので、環境から受けるストレスから細菌を守ったりその細胞自体が破裂することを防いだりしている。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年10月6日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら