マヤ歴が予言する世界の終わりは2012年ではなく2020年だったとする新説が登場、果たして本当なのか?

       
マヤ歴が予言する世界の終わりは2012年ではなく2020年だったとする新説が登場、果たして本当なのか?

マヤ暦の予言する世界の終わりは2020年?/iStock
 オカルト界隈では10年ほど前、マヤ暦が2012年の世界滅亡を予言しているという噂が真しやかに囁かれ、世間を騒然とさせたことがある。

 もちろん世界は滅びなかった。だから我々がここにいる。だが、それを2020年と読み替えると突如として辻褄が合ってしまうという新説が登場した。
【マヤ暦には8年のズレがあるという新説】

 この新説の出どころは、パオロ・タガロギンという科学者による次のようなツイートだ(現在タガロギン氏のアカウントは非公開となっている)

ユリウス暦に従うなら、今は2012年にあたる。それをグレゴリオ歴に換算すると、年に11日短くなる。グレゴリオ暦1752年から2020年の269年だと、2948日の計算だ。2948日 ÷ 365日 = 8年だ

 8年という暦のズレは、マヤ暦(正式には「長期歴」)にも当てはまるというのだ。

【マヤ暦の終わりは地球の終わり?】

 マヤ暦は2012年12月21日で終わっている。その意味は世界がその日に終わるという予言であると、当時の一部の人々は真剣に憂慮した。

 多くの学者によって、その予言は単なる誤解であると説明された。マヤ暦が2012年で終わっていたとしても、それは世界の終わりを告げるものではなく、無論マヤの伝承が伝えるように人類にとって新しいサイクルが始まる世界の創造を意味するものでもない、と。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「マヤ歴が予言する世界の終わりは2012年ではなく2020年だったとする新説が登場、果たして本当なのか?」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    占い師と称するやつの大半は後出しジャンケンレベル()

    2
  • 匿名さん 通報

    何か後出しじゃんけんみたいな論説。

    1
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月12日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。