約400年ぶりに木星と土星の超大接近。伝説の「ベツレヘムの星」が蘇る?

約400年ぶりに木星と土星の超大接近。伝説の「ベツレヘムの星」が蘇る?
       

木星と土星が大接近/iStock
 前回お伝えしたとおり、12月21日前後に木星と土星が大接近する。これほど接近するのは日本では400年ぶりで、今年最後のビッグな天体イベントとなるだろう。

 木星と土星は、地球から見て同じ方向に並ぶために融合しているかのように見えるという。実は同じ現象がイエス・キリストが誕生した直後にも発生していたそうだ。

 キリストの誕生を告げたとされるこの星は、「ベツレヘムの星」や「クリスマスの星」と呼ばれている。海外では、今回の木星と土星の融合は、その伝説の星が現代に再び蘇るかもしれないと噂されている。
 
【木星と土星が並ぶ超大接近】

 2020年、12月21日から22日にかけて、木星と土星が400年ぶりの大接近をすることは先日お伝えしたとおりだ。

[動画を見る]

 木星は約12年で太陽の周りを1周し、土星は約30年で1周する。太陽から見ると、この2つの惑星は約20年ごとに同じ方向に並ぶ。「会合」と呼ばれるこの現象は約20年に1度、周期的に発生するのだが、毎回大接近となるわけではない。

 なぜなら木星と土星の公転軌道がわずかに傾いているため、同じ方向に見えても上下方向にずれるためだ。ところが今年は違う。
 
 今回の場合は木星と土星の軌道が見かけ上交わる点の付近での接近する為、超大接近となるのだ。約0.1度間隔まで近づいたのは約397年前の江戸時代である。

 またアメリカやイギリスなどから観察する場合、実に800年ぶり、1226年3月4日以来となる大接近で、まるで2つの惑星が融合でもするかのように見えるという。今回の大接近がいかに珍しい現象かわかるだろう。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月14日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。