暗闇が怖い?その理由が明らかに。脳の扁桃体が反応していた

暗闇が怖い?その理由が明らかに。脳の扁桃体が反応していた

 真っ暗で何も見えないことに恐怖を抱く人は多い。子供だけでなく、大人にとっても暗闇は怖いもので、恐怖症のレベルにまで達している人もいる。

 だがそれには理由があるらしい。人間の脳がそういう風にできているというのだ。『PLOS ONE』(6月16日付)に掲載された研究では、光や闇に応じて脳の偏桃体(へんとうたい)が活動を変化させることが確認されたそうだ。

【光を浴びることで恐怖を感じる脳の偏桃体の活動が抑制】
 偏桃体は感情を処理し、恐怖反応を制御するアーモンドのような形の領域だ。オーストラリア・モナシュ大学などの研究グループは、被験者23人に光か闇を体験してもらい、そのときの偏桃体の反応をfMRIで観察した。

 30秒間、中程度の光(100ルクス)・薄暗い光(10ルクス)・暗闇(1ルクス未満)のいずれかの明るさを浴びた時、恐怖の中枢がどう変化するかを観察した。

 実験の結果、いずれの明るさでも光を浴びると偏桃体の活動が抑制されることが観察されたという。ただし抑制される度合いには違いがあり、明るい光(中程度)の方が強く抑制されることが確認されている。
[画像を見る]
ヒトの脳における扁桃体の位置。赤い所が扁桃体。 / images are generated by Life Science Databases / WIKI commons

 またそれだけでなく、光を浴びると偏桃体と前頭前皮質の腹内側部との機能的なつながりが強化されることもわかったとのことだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク