地球に深い穴を掘り、膨大な地熱エネルギーを取り出す計画
 地熱エネルギーは地球内部の熱源のエネルギーで、太陽光や風力、水力、バイオマスとともに、再生可能エネルギーとして今後の利活用増大が期待されている

 マサチューセッツ工科大学から派生した新興企業「クエイズ・エナジー(Quaise Energy)」は、2020年の創業以来、地球をこれまで以上に深く掘り下げ、その奥深くに眠る膨大な地熱エネルギーを利用すること目標に掲げている。

 第一回目の資金調達では約73億円を集めることに成功した。同社は従来の掘削技術と核融合に関連する技術を組み合わせて、「地球の中心に接近する」というビジョンを達成しようとしている。

地球を掘り進めることで得られる地熱エネルギー 地熱エネルギーは、いわば「忘れられた再生可能エネルギー」だ。今この分野において主流である風力発電と太陽光発電に比べると、地球奥深くの膨大な熱エネルギーを利用しようという試みは、大きく遅れをとっている。

 その理由は明白だ。クリーンで無限とも言える地熱エネルギーを利用するには、地下深くまで地面を掘り進まねばならないからだ。

 これまで地球上で掘られたもっとも深い穴は、24年以上にわたって掘り進められたロシアにある12.kmのコラ半島超深度掘削坑だ。これは素晴らしい偉業かもしれないが、今の技術ではこれが限界だ。

 これ以上深く掘り進むには、重い岩に圧縮された硬い岩石を削り取り、それを地上へと運び出さなければならない。