『雪降花』チョン・ヘイン、メロからカリスマまで

『雪降花』チョン・ヘイン、メロからカリスマまで
拡大する(全3枚)
チョン・ヘイン、雪降花

『雪降花』チョン・ヘイン、メロからカリスマまでの画像はこちら >>



[韓国エンタメニュース]

JTBC土日ドラマ『雪降花:snowdrop』(以下:雪降花)チョン・ヘインの深い演技が目を引く。

チョン・ヘインは今作で南派工作員イム・スホ役に扮し、熱演を繰り広げている。彼は徹底した台本分析と繊細な演技力を基盤に自身の感情と状況を完全に表わすことが出来ないキャラクターを完璧に表現することはもちろん、ストーリー全般の重心を掴みながらドラマをリードしている。

▲台詞なしでも伝わるメロ感情線
チョン・ヘインは、スホとヨンロ(BLACKPINK ジス)のロマンスを積極的に率いている。特にメロ感情線において彼は台詞よりジェスチャー、眼差し演技などに集中した演技でときめきを刺激した。劇の序盤チョン・ヘインはヨンロに初めて出会い、偶然再び会うと彼女を温かい眼差しと初々しいときめきを込めた微笑みでドキドキを披露した。
一方劇の後半には、緊迫した対峙状況の中でヨンロを見る時は瞬間的に表れる複雑な感情を震える眼差しと硬い表情で描き出し、視線を離せなくさせた。何よりも自身の状況のためにヨンロに近づけないスホの感情を繊細に描き出したチョン・ヘインのロマンス演技は、見る者をさらに没頭させるのに十分だった。

▲限界のない演技スペクトル
チョン・ヘインは昨年公開されたNetflixオリジナルシリーズ『D.P.』に続き、『雪降花』で男性的な姿が引き立つキャラクターを披露している。チョン・ヘインは今作のために体力とフィジカル管理に力を注いだのはもちろん、激しいアクションと動線で男前のような姿を見せてくれた。それだけでなく理念と信念の間で葛藤する工作員の姿をしっかりとした演技力で表現し好評を得ている。

この記事の画像

「『雪降花』チョン・ヘイン、メロからカリスマまで」の画像1 「『雪降花』チョン・ヘイン、メロからカリスマまで」の画像2 「『雪降花』チョン・ヘイン、メロからカリスマまで」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

KOARIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

韓流ニュースランキング

韓流ランキングをもっと見る
お買いものリンク