【京都神社めぐり】千本鳥居も楽勝撮影!日本を代表する観光スポット「伏見稲荷大社」

【京都神社めぐり】千本鳥居も楽勝撮影!日本を代表する観光スポット「伏見稲荷大社」
       

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は伏見区深草にある京都、いや日本を代表する観光スポット。名所・千本鳥居も今なら快適に撮影できます。

空いてます!撮影も余裕です!!

【京都神社めぐり】千本鳥居も楽勝撮影!日本を代表する観光...の画像はこちら >>

伏見区深草にある伏見稲荷大社。
この日は平日の昼頃。新型コロナウイルスの影響で、かなり参拝客が少ない、とウワサに聞きやってきました。

すでに参道の様子で、これまでとは明らかに違う、境内の閑散ぶりにすでに驚きながら。
【京都神社めぐり】千本鳥居も楽勝撮影!日本を代表する観光スポット「伏見稲荷大社」

奈良時代711年、稲荷大神が稲荷山に鎮座されたことから始まり、それから1300年あまり稲荷信仰が続き、全国に約3万社ある稲荷神社の総本社。

世界最大の旅行口コミサイト・トリップアドバイザーにおいて、「外国人に人気の観光スポット」として4年連続1位を獲得。文字通り、日本を代表する観光スポット。

ですが、新型コロナウイルスの影響で外国人観光客は皆無。そして、日本の観光客も少なめ。
【京都神社めぐり】千本鳥居も楽勝撮影!日本を代表する観光スポット「伏見稲荷大社」

こちらは同じ楼門ですが、昨年の様子。参拝客が画像に写りこまない場面なんて全く期待できないほどの混雑ぶり。

楼門は1589年に豊臣秀吉によって造営され、母・大政所の病悩平癒の祈願のために寄進されたといわれていおり、神社の楼門の規模としては最も大きいものに属し、秀吉の財力のほどがうかがえます。
【京都神社めぐり】千本鳥居も楽勝撮影!日本を代表する観光スポット「伏見稲荷大社」

【京都神社めぐり】千本鳥居も楽勝撮影!日本を代表する観光スポット「伏見稲荷大社」

楼門をくぐり、それを額縁にして参道を眺めた様子。なんといいましょうか。こんな画像が取れること自体、奇跡的というか。
【京都神社めぐり】千本鳥居も楽勝撮影!日本を代表する観光スポット「伏見稲荷大社」

全般的に空いていて、快適そのものというか、参拝客がまばらな状態なので、本来の神聖な雰囲気すら感じられるほど。通常はそれが当たり前なんですが、伏見稲荷大社に至っては、これまで参拝客があまりにも多すぎて、逆にストレスを感じるほどでした(笑)

当時の記事を読む

Kyotopiの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月6日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。