<吃音を知るためのガイド>ドラマ『ラヴソング』を見て吃音に興味を持った人へ

青木英幸[発達障害を持つ社会活動家]

* * *

フジテレビで放送されている月9ドラマ『ラヴソング』。「吃音」(きつおん[どもること])を持った人をドラマを見て初めて知ったという人もいるのではないでしょうか。

本稿では、ラヴソングを見て吃音について少しでも興味を持った人へ書籍や映像作品を紹介したいと思います。

『ラヴソング』では、実際に出版されている書籍が登場しています。まずは、専門書になってしまいますが『吃音の基礎と臨床 統合的アプローチ』(バリー・ギター著、学苑社)という書籍。この本は第1話に出てきますね。

次に『吃音検査法』(小澤恵美ほか著、学苑社)。こちらは吃音に携わる医療従事者向けの内容の専門書で、ドラマ第1話の後半に登場しています。

第2話にはインテルナ出版の『スピーチ・リハビリテーション』(西尾正輝著)という書籍も登場していますが、いづれも専門書なので一般の人にはオススメできません。

では、一般の人が吃音に興味を持ち、吃音のことを知りたいと考えた場合どんな書籍などがよいでしょうか。まず筆者がオススメするのは今回『ラヴソング』を監修している九州大学病院耳鼻咽喉科の医師である菊池良和氏の著書です。

【参考】<当事者が語る>フジテレビ「ラヴソング」でドラマ化されたリアルな吃音(きつおん)

講談社の『吃音のことがよくわかる本 』(菊池良和監修)が一般の人でもわかりやすいでしょう。イラストも多くとてもわかりやすく解説されているため読み進めやすいはずです。...続きを読む

あわせて読みたい

メディアゴンの記事をもっと見る 2016年5月19日のライフスタイル記事

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。