リモートワークで体調不良が増えている? 「自粛痛」にはいち早いケアが大切

リモートワークで体調不良が増えている? 「自粛痛」にはいち早いケアが大切
拡大する(全4枚)

新型コロナウイルスの猛威の中、生活様式の変化による不調を訴える人が増えているという。そんな興味深いレポートを、ニチバン株式会社がプレス向けオンラインセミナーで発表した。

同社はこれを「自粛痛」と定義し、20~60代の男女500名を対象に調査を実施。「身体の不調を感じるか」という質問に対して3割以上が「感じる」と回答。年代別では、20代で「感じる」と答えた人の割合が46%と最も多く、若年層の多くが不調を感じていることが判明した。

「コロナ前と比べて不調を感じる」と回答した344名のうち、具体的な不調が「目の疲れ」(59.3%)、「疲れ・だるさ」(57%)、「肩こり」(53.8%)となっており、不調を感じている人のうち「不調が慢性化している」という人の割合は約6割にものぼっている。

気になるのが、これらの不調への対処法だ。レポートによれば「ストレッチ」「マッサージ」「湿布などの外用鎮痛消炎剤」という回答が多く、一方で「我慢する」(27%)。「(対処法は)特にない(10.8%)」のように、対処をしていない人が約4割近くとなっている。

不調の慢性化を訴える人たちがいる一方、不調を放置する人も多いというわけだ。

自粛痛の原因は?

リモートワークで体調不良が増えている? 「自粛痛」にはいち早...の画像はこちら >>

ニチバンのセミナーには、内科医で生活習慣病などを専門とする工藤孝文医師が登壇。工藤医師も自身の現場体験として、自粛痛に悩む患者が増えていると感じているそうだ。

工藤医師は在宅ワークにおける姿勢が原因で、肩こりや腰痛につながっているのではないかと指摘。オフィスと違って専用デスクがない環境において、ソファや床に座っての作業することにより姿勢が悪くなり、不調を招いているのではないかという。


この記事の画像

「リモートワークで体調不良が増えている? 「自粛痛」にはいち早いケアが大切」の画像1 「リモートワークで体調不良が増えている? 「自粛痛」にはいち早いケアが大切」の画像2 「リモートワークで体調不良が増えている? 「自粛痛」にはいち早いケアが大切」の画像3 「リモートワークで体調不良が増えている? 「自粛痛」にはいち早いケアが大切」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

もぐもぐニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク