待ってた…!『進撃の巨人』第82話、リヴァイへの呼び名に反響「めちゃハンジさん」「優しさが詰まってる」
拡大する(全1枚)

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』(4期2クール)第82話では、ついにリヴァイとハンジの生死が判明! リヴァイを表現したとあるセリフは即座にTwitterトレンド入りするほどの反響でした。みんなの感想を振り返ってみましょう。

TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』第2クールがNHK総合にて放送中。第82話「夕焼け」では、久しぶりにリヴァイとハンジが登場し、話題となりました。
「人類最強の兵士」だったリヴァイの新たな呼び名とは……?

また、イェーガー派のトップとして振る舞うフロックは、義勇兵たちを集めて降伏を要求。
フロックだからこそ重みを感じるセリフが、視聴者の心に刺さりました。

みんなのコメントとともに注目ポイントを振り返ってみましょう。
待ってた…!『進撃の巨人』第82話、リヴァイへの呼び名に反響...の画像はこちら >>

TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season公式サイトより

via shingeki.tv

リヴァイは「人畜無害の死に損ない」に

短いシーンにもかかわらず大反響を呼んだのは、リヴァイとハンジの再登場シーン。
ピークとマガトがマーレ軍や巨人の動向を探っていると、ハンジがおそるおそる声をかけます。
怪しまれ、銃口を向けられるハンジ。しかし敵対する意思がないことを告げ、同行者は「人畜無害の死に損ない」だと説明します。「人類最強の兵士」と呼ばれていたリヴァイを、正反対とも思える言葉で表現したハンジ。
すると視聴者からは「ハンジさんの語彙力すごい」、「言葉選びが好き」、「絶妙なワードチョイス」などの感想が続出しました。「リヴァイに対する優しさが全てつまっている」「ハンジさんとリヴァイの気の置けない雰囲気懐かしい」など二人の関係に想いを馳せる人も。
原作ファンからは「この言葉を聞くまでどれだけ待ったか……!」と歓喜のコメントが見られます。第76話「断罪」以降、長らく生死不明だったリヴァイとハンジ。その後を心配していたファンも多く、「待ってたよー!」、「生きてる……!」、「2人が出てきただけでこの安心感……」、「兵長がぼろぼろなのはつらいけど生きているとわかって安心した」、「このシーンを本誌で読んだときも泣いた」などの感想が。

「ハンジさんありがとう!」、「あの状態の兵長を死に損ないに留めたハンジさんすごくない?」など、瀕死だったリヴァイを助けたハンジを賞賛する声も多く見られます。待望のシーンやインパクトのあるセリフに、Twitterでは「ハンジさん」などの関連ワードが続々とトレンド入り。
「人畜無害の死に損ない」は放送の翌朝も上位にランクインしていました。

フロックの語る「自由」が重い

地ならしが始まり、混乱が続くパラディ島。兵団内部では、義勇兵たちが拘束されていました。フロックはイェーガー派のトップとして、彼らに降伏をすすめます。

「誇りに死ぬことはない。いいじゃないか屈したって」と、静かに諭すフロック。ようやく手にした「自由」を理由に、ジャンたちにも「もう戦わなくていい」と語りかけます。4年前のウォールマリア奪還作戦で生き残ったフロックが言うとハッとさせられるセリフ。エルヴィン団長をはじめ、誇りに殉じた兵士たちを間近で見ていたからこそ「いつも以上に重みがある」、「心に響く」と感じた視聴者もいました。また、「フロックの考えが理解できるからこそつらい」、「実際に地獄を見た人が言っているからゾッとする」、「『名誉ある死』の瞬間にあるのは恐怖だけだと、彼は身をもって理解している」などフロックがたどった道を知っている視聴者からも共感のコメントが見られます。さらに、エルディア人を守るために悪魔のような振る舞いをするフロックを見て、「ある意味エルヴィンの意志を継いでいる」と思った人も。
「過去最高に輝いている」、「嫌いになれない」など、フロックへの注目がますます高まるシーンでした。次回は第83話「矜持」を放送予定。コニーに連れて行かれたファルコはどうなるのか、この先も目が離せません。■アニメ『進撃の巨人 The Final Season』Season4(4期)あらすじ・感想まとめ!【61話~最終話・74話】
https://numan.tokyo/anime/ite5v
■『進撃の巨人』総集編、小野大輔小林ゆうの声が響いた…梶裕貴も感謝ツイート。次回予告も神すぎる
https://numan.tokyo/anime/BG3MY
■名言が深い…『進撃の巨人』最終話の影で“オニャンコポン”に密かな注目が。ハンジと関係や名前の由来は?
https://numan.tokyo/comic/2KrFX

TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season Part 2 PV第2弾

via www.youtube.com

TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season 作品情報

■放送情報
TVアニメ「進撃の巨人 The Final Season」第76話「断罪」NHK総合にて2022年1月9日(日)24時5分放送開始!

■イントロダクション
「その巨人はいついかなる時代においても、自由を求めて進み続けた。
自由のために戦った。名は――進撃の巨人」
ついに明かされた壁の外の真実と、巨人の正体。
ここに至るまで、人類はあまりにも大きすぎる犠牲を払っていた。
それでもなお、彼らは進み続けなければならない。
壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。
――やがて時は流れ、一度目の「超大型巨人」襲来から6年。
調査兵団はウォール・マリア外への壁外調査を敢行する。
「壁の向こうには海があって、海の向こうには自由がある。ずっとそう信じてた……」
壁の中の人類が、初めて辿り着いた海。
果てしなく広がる水平線の先にあるのは自由か、それとも……?
エレン・イェーガーの物語は、新たな局面を迎える。

■スタッフ
原作:諫山 創(別冊少年マガジン/講談社)
監督:林祐一郎
シリーズ構成:瀬古浩司
キャラクターデザイン:岸 友洋
総作画監督:新沼大祐 / 秋田学
演出チーフ:宍戸淳
エフェクト作画監督:酒井智史、古俣太一
色彩設計:大西慈
美術監督:小倉一男
画面設計:淡輪雄介
3DCG監督:奥納基 / 池田昴
撮影監督:浅川茂輝
編集:吉武将人
音響監督:三間雅文
音楽:KOHTA YAMAMOTO / 澤野弘之
音響効果:山谷尚人(サウンドボックス)
音響制作:テクノサウンド
制作:MAPPA

■キャスト
エレン・イェーガー:梶 裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
コニー・スプリンガー:下野 紘 
ヒストリア・レイス:三上枝織
ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ハンジ・ゾエ:朴 璐美
リヴァイ・アッカーマン:神谷浩史
ジーク・イェーガー:子安武人
ファルコ・グライス:花江夏樹
ガビ・ブラウン:佐倉綾音
ピーク・フィンガー:沼倉愛美
ポルコ・ガリアード:増田俊樹
コルト・グライス:松風雅也

■■More Information■■
The Final Season公式サイト:https://shingeki.tv/final/
公式Twitter:@anime_shingeki

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会