レジェンドが指南する、大人なら知っておくべき「海での正装術」

レジェンドが指南する、大人なら知っておくべき「海での正装術」
拡大する(全7枚)

レジェンドが指南する、大人なら知っておくべき「海での正装術」...の画像はこちら >>

海パン、ビーサン、Tシャツの3種の神器は好きだけど、それが通用しない海もある。
ファッションディレクター赤峰幸生さんにビーチリゾートでのドレスアップにまつわるルーツや基本を教えてもらった。

ファッションディレクター
赤峰幸生(あかみねゆきお)さん
1960年代より大手百貨店やセレクトショップ、海外のテキスタイルメーカーなどでコンサルタントを務める。現在は企画会社、インコントロの代表として、自らのブランド「アカミネ・ロイヤルライン」でカスタムクロージングを展開。クラシッククロージングへの造詣が深く、常にエレガントな装いで、メンズファッション業界では知らない人はいない重鎮だ。 www.incontro.jp

「映画が好きで、たくさんの作品を観た」と語る赤峰さん。最も影響を受けたのはフェデリコ・フェリーニの『8 1/2』。「イタリアのビーチリゾートで、マストロヤンニが着る白のコットンスーツ姿がとにかくカッコ良かった」。

また、ルネ・クレマンの『太陽がいっぱい』では、アラン・ドロンがイタリアを旅し、ホテルで過ごしたスタイルに触発され、「当時は学生でお金もなかったので、東京の神田須田町でコットンギャバの生地を買い、埼玉・熊谷で3ピースで安く仕立てた」と、自身のファッションにまつわるルーツを語ってくれた。

レジェンドが指南する、大人なら知っておくべき「海での正装術」
赤峰さんがドレスアップにまつわる基本のキを学んだ資料。今や入手が困難な1950年代の仏雑誌「アダム」をはじめ、貴重な書籍、レコードなども美しい状態で保存されている。

リゾートでの着こなしでよく参考にしたのは、1950年代のフランス雑誌「アダム」など。「掲載されていたスタイルに加え、着こなしのアリ・ナシを学び、実践しながら基礎を確立し、そこからはあまり変わっていません。そのときどきの流行を気にすることもない」と、メンズファッションのレジェンドたる片鱗を見せる。

この記事の画像

「レジェンドが指南する、大人なら知っておくべき「海での正装術」」の画像1 「レジェンドが指南する、大人なら知っておくべき「海での正装術」」の画像2 「レジェンドが指南する、大人なら知っておくべき「海での正装術」」の画像3 「レジェンドが指南する、大人なら知っておくべき「海での正装術」」の画像4
「レジェンドが指南する、大人なら知っておくべき「海での正装術」」の画像5 「レジェンドが指南する、大人なら知っておくべき「海での正装術」」の画像6 「レジェンドが指南する、大人なら知っておくべき「海での正装術」」の画像7

当時の記事を読む

OCEANSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク