秘密機器付きのボンドカーが生産開始│どのように作られるのか?

秘密機器付きのボンドカーが生産開始│どのように作られるのか?
アストンマーティンがレプリカの製作を進めているのが、ジェームズ・ボンドに登場したDB5だ。ボンドカーにも付いていたポップアップするマシンガンや回転式ナンバーも再現される。約4億円で、25台限定生産となっている。

秘密機器付きのボンドカーが生産開始│どのように作られるのか?


ボンド映画の製作にも携わり、アカデミー賞も授賞しているエフェクトのスペシャリストもこのプロジェクトに参加している。"秘密機器も付いた25台限定のDB5製造に携われることを知ったときは大きな衝撃でした"とコメントしている。このプロジェクトは、映像としてではなく一つの物としてカスタマーを楽しませなければいけないため、エフェクトチームにとっても挑戦であったそう。

秘密機器付きのボンドカーが生産開始│どのように作られるのか?


オーナーは、家族や友人とこの秘密機器で楽しむことができるが、このボンドカーで公道走行は不可能であるため街中でその秘密機器を見ることはできない。デリバリーは来年を予定しており、これからもっと秘密機器が増えていくという。脱出ボタン(脱出はできない)や、シュミレーターなども再現されるとアストンマーティンワークスは公表している。

世界中のボンドカーファンにとっては、羨望の対象になるであろう。しかし、手にできるのは25人のみ。もしかしたら、日本でも見ることができるかもしれない。

あわせて読みたい

Octaneの記事をもっと見る 2019年5月16日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。