川谷絵音、2019年にリリースした53曲のプレイリストを公開

川谷絵音、2019年にリリースした53曲のプレイリストを公開
川谷絵音 (okmusic UP's)
ゲスの極み乙女。、indigo la End、ジェニーハイなど多岐にわたる活動で知られる川谷絵音。川谷が作った楽曲は、2019年の1年間だけで53曲リリースされた。そんな彼を指して、“2019年、J-POPシーンで一番曲を作った男”と言っても決して過言ではないように思う。もちろん、職業作家やプロデューサーの中には彼以上に曲を作った人もいるだろう。

しかし、自らフロントマンとしてバンド活動を行いながら(それも複数)、アイドルから声優、お笑い芸人に至るまで、バラエティに富んだアーティストに楽曲を提供し、しかもほぼ全ての楽曲を自らスタジオでレコーディングしていて、その総数が50曲を超えるというのは他に類を見ない。

ゲスの極み乙女。とindigo la Endに加え、2019年は小籔千豊、くっきー、中嶋イッキュウ、新垣隆との異色のスーパーバンド・ジェニーハイの活動も本格化。世界中にファンを持つSNSギタリストのichikaを擁するインストバンドichikoroにもメンバーとして参加し、休日課長のバンドDADARAYのプロデュース、様々なボーカリストを迎えるソロプロジェクト・美的計画の始動と、関連プロジェクトは今もなお増え続けている。

楽曲提供に目を向けると、坂本真綾、私立恵比寿中学、結城萌子など、女性アーティストへの提供が多いのが特徴。2019年に楽曲提供をした唯一の男性アーティスト(?)は、スピードワゴンの井戸田潤によるハンバーグ師匠の「TOKYOハンバーグ」で、ジェニーハイはもちろん、さらば青春の光の単独ライブにテーマ曲を書き下ろすなど、もともとお笑い好きで、芸人との交流が多いのもよく知られている。

あわせて読みたい

OKMusicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「川谷絵音 + twitter」のおすすめ記事

「川谷絵音 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「川谷絵音 + 米津玄師」のおすすめ記事

「川谷絵音 + 米津玄師」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ロックバンド」のニュース

次に読みたい関連記事「ロックバンド」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月11日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 川谷絵音 Instagram
  2. 川谷絵音 twitter
  3. 川谷絵音 ほのかりん

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。