新型トイレを載せた国際宇宙ステーション補給船打ち上げ成功

新型トイレを載せた国際宇宙ステーション補給船打ち上げ成功
拡大する(全9枚)

新型トイレを載せた国際宇宙ステーション補給船打ち上げ成功の画像はこちら >>


 ノースロップ・グラマンの国際宇宙ステーション補給船「シグナス」を載せたアンタレスロケットが、2020年10月2日(現地時間)にバージニア州のNASAワロップス飛行施設から打ち上げられました。今回の積荷には、がんの免疫療法を研究する実験装置のほか、宇宙農業のための新しい装置、そして新型のトイレなどがあります。


 シグナス補給船の打ち上げは、今回で14回目。シグナスは毎回、かつての宇宙飛行士の名前が付けられていますが、今回のミッションではNASA初のインド系宇宙飛行士となった女性、カルパナ・チャウラさん(2003年のスペースシャトル・コロンビア空中分解事故で死亡)にちなんで命名されました。


新型トイレを載せた国際宇宙ステーション補給船打ち上げ成功


 今回搭載された積荷には、微小重力環境を利用して、がんの免疫療法に使えるメッセンジャーRNAを見つけ出す実験装置「Onco-Selector」のほか、宇宙飛行士の船外活動をVRで体験できるようにするための360度カメラなどがあります。360度カメラで収録された映像は、私たち一般人が船外活動気分を味わうことができる以外に、宇宙飛行士の訓練課程で利用することが検討されています。


新型トイレを載せた国際宇宙ステーション補給船打ち上げ成功


 また、シグナスには将来の月面長期滞在や、火星への有人探査を視野に入れ「宇宙で長期間暮らす」ために必要な機器も搭載されています。現在、宇宙で植物を栽培する「宇宙農業」では、国際宇宙ステーション内でリーフレタスを栽培するユニットが稼働していますが、新たに根菜類としてラディッシュを栽培するユニットが積み込まれました。ユニットにはすでにラディッシュの種子が播かれています。


この記事の画像

「新型トイレを載せた国際宇宙ステーション補給船打ち上げ成功」の画像1 「新型トイレを載せた国際宇宙ステーション補給船打ち上げ成功」の画像2 「新型トイレを載せた国際宇宙ステーション補給船打ち上げ成功」の画像3 「新型トイレを載せた国際宇宙ステーション補給船打ち上げ成功」の画像4
「新型トイレを載せた国際宇宙ステーション補給船打ち上げ成功」の画像5 「新型トイレを載せた国際宇宙ステーション補給船打ち上げ成功」の画像6 「新型トイレを載せた国際宇宙ステーション補給船打ち上げ成功」の画像7 「新型トイレを載せた国際宇宙ステーション補給船打ち上げ成功」の画像8
「新型トイレを載せた国際宇宙ステーション補給船打ち上げ成功」の画像9
編集部おすすめ

当時の記事を読む

おたくま経済新聞の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク