FromプラネットVol.112<キッチンスポンジに関する意識調査>

FromプラネットVol.112<キッチンスポンジに関する意識調査>
~除菌効果のある台所用洗剤を使っていても、正しく除菌できている人は少ない~

[画像1: https://prtimes.jp/i/30978/49/resize/d30978-49-416091-pixta_43475287-7.jpg ]

 国内1,300社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット (所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)は、消費財や暮らしにまつわるトピックスをお届けする『Fromプラネット』の第112号として、キッチンスポンジに関する意識調査の結果をご紹介します。未掲載のデータもご提供できますのでお気軽にお問い合わせください。


主流はウレタン・ナイロンスポンジ、たわしも根強い人気

 梅雨は水回りにカビが生えたり、雑菌が繁殖しやすい季節。中でもキッチンスポンジは菌の温床と言われます。そこで今回は、「キッチンスポンジ」についてアンケートを実施。スポンジの交換頻度や、衛生的に使うためにどんなお手入れをしているか、スポンジへのこだわりなどをまとめました。
 はじめに、ふだん何を使って食器や鍋などを洗っているか、洗い物別に答えてもらいました。すると、ほぼすべての洗い物について、1位「ウレタンやナイロン不織布素材のスポンジ」(一般的なスポンジ)、2位「ネットスポンジ」、3位「メラミンスポンジ」という結果でした。【陶磁器】【プラスチック製の食器・キッチン用品など】【ガラス器】については「ウレタンやナイロン不織布素材のスポンジ」が7割、「ネットスポンジ」が3割程度。これに続く「メラミンスポンジ」は1割に届かないので、ほとんどの食器類にウレタン・ナイロンスポンジかネットスポンジが使われています。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年6月21日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら