【2020年3月7日第9回耕友会コンサート】ベンジャミン・ブリテン作曲「戦争レクイエム」を演奏

【2020年3月7日第9回耕友会コンサート】ベンジャミン・ブリテン作曲「戦争レクイエム」を演奏
~合唱・ソリスト・オーケストラ 総勢約330名で名曲に挑む~

東京合唱アライアンス耕友会※(東京都、代表:藤田 朋大)は、2020年3月7日(土)に、東京・池袋の東京芸術劇場コンサートホールにて、ベンジャミン・ブリテン作曲のオーケストラ付合唱曲「戦争レクイエム」を、総勢約330名で演奏いたします。※作曲家・合唱指揮者松下 耕が音楽監督を務める、12の合唱団からなる連合合唱団体。

「戦争レクイエム」は、イギリスの作曲家ブリテンによって、第二次世界大戦の悲劇を想い、平和への祈りを込めて作曲された、大規模なオーケストラ付合唱曲です。3人のソリストと混声合唱および児童合唱、大小2群のオーケストラにより演奏され、所要時間は約1時間25分と、その演奏編成の大きさと曲の壮大さから、合唱曲でありながらも合唱団主催のコンサートの演目として演奏されることはまれな中、このたび耕友会は、芸術監督・合唱指揮者である松下 耕のもと、一つの合唱団として「反戦のメッセージ」をこめ、演奏会を行うこととなりました。今回は、約90名のオーケストラと、約240名の合唱隊、総勢約330名で演奏いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/54081/1/resize/d54081-1-421262-0.jpg ]

本作品の要となるオーケストラとして、音楽監督に合唱音楽に造詣の深い山田和樹を擁し、国内外で幅広く演奏活動を展開している「横浜シンフォニエッタ」が共演。また、3人のソリストとして世界中で活躍する腰越 満美氏(ソプラノ)、村上 敏明氏(テノール)、そして韓国よりカルロ カン氏(バリトン)を起用。ソプラノは合唱とオーケストラとともにラテン語詩を、そしてテノールとバリトンは12人のチェンバーオーケストラとともに、第一次大戦の悲惨さを訴える戦争詩人、ウィルフレッド・オーウェンの書いた戦争への批判を英語詩で高らかに歌い上げます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月13日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。