フードテックに可能性を感じる38.6%、代替肉や昆虫食は未来の食材になる32.6% /18歳意識調査「新しい食」

フードテックに可能性を感じる38.6%、代替肉や昆虫食は未来の食材になる32.6% /18歳意識調査「新しい食」
       
日本財団(会長 笹川陽平)は「新しい食」をテーマに31回目の18歳意識調査を10月中旬に実施しました。日本の食料自給率が38%(カロリー換算)に留まる現状を6割近くが問題と答え、8割近くが「食糧不足になったときに対処できない」としています。コロナ禍対策に関連して20近くの国・地域が踏み切った輸出制限に対しては過半が「仕方ない」とし、今後、力を入れるべき対策としては「第一次産業の立て直し」23.6%、「食料生産のための労働力の確保」11.8%が上位に挙がっています。


▼調査結果ポイント
・38%の日本の食料自給率 「問題だ」59.8% 「問題ない」10.9%
・「問題だ」の理由 「食糧不足になったとき対処できない」77.9%
・コロナ禍での食料輸出制限 「仕方がない」52.2%
・食料不足に備えて最も力を入れるべきこと
 「第一次産業の立て直し」23.6% 「消費者意識を変える」13.6%
・コロナ禍により食生活が変わった 25.2%
・フードテックを知っている 9.7% フードテックに可能性を感じる 38.6%
・代替肉や昆虫食は未来の食材になるか 「なる」32.6% 「ならない」29.8%
・代替肉を食べてみたい 43.3% 昆虫食を食べてみたい 16.2%

コロナ禍で食生活が変化した人は4人に1人。「外食が減った」、「家族と食事をする時間が増えた」「料理をする機会が増えた」などとしています。
近年、注目を集めている「フードテック」を知っている人は10人に1人弱、その一方で4割近くが「可能性を感じる」と答えています。その内容としては「フードロスの解決に役立つ」70.2%、「より美味しい食事をつくる技術開発」56.2%などが並んでいます。代替肉や昆虫食が未来の食材に成り得るかについては「なる」、「ならない」がともに30%前後で並び、43.3%は代替肉、16.2%は昆虫食を食べてみたいと答えています。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月30日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。