お好み焼の老舗「ぼてぢゅう(R) グループ」×日本ノハム協会 SDGs達成を目標としてパートナーシップ契約を締結
拡大する(全1枚)
企業CSRの一環として2021年4月1日より活動を本格化

1946年に創業したお好み焼専門店の老舗「ぼてぢゅう」を運営する「ぼてぢゅう(R) グループ」(大阪府大阪市、代表取締役社長:栗田 英人、以下「当社」)は、一般社団法人日本ノハム協会( 東京本部 :東京都新宿区、代表理事 :神田 尚子、以下「日本ノハム協会」)と2021年4月1日よりパートナーシップ契約を締結し、日本食の可能性を追求し世界ブランドの確立を目指すさらなるグローバル戦略の一環として、SDGs達成に向けた企業努力を推進してまいります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/36110/11/resize/d36110-11-888185-4.jpg ]


当社はCSR(企業の社会的責任)として、食、健康、地域、人にちなんだ社会への貢献を掲げ、〈スポーツ支援〉〈健康推進〉〈地域活性化支援〉〈日本食文化の啓蒙〉〈ダイバーシティの推進〉〈人材開発支援〉を中心に取り組んでおります。今後、それぞれの取り組みの一環として、また当社が進める世界ブランドの確立に向けた海外展開局面において、企業の利益追求は社会貢献と表裏一体の関係であることへの理解が求められることから、SDGs達成に向けた企業努力が極めて重要になると認識しております。つきましては、このたび4月1日よりSDGs達成に取り組む組織の活動を分析してサポートする日本ノハム協会とパートナーシップ契約を締結いたしました。具体的には、日本ノハム協会独自の診断「サステナブル成長診断(noharm(R)︎)」のガイダンスに沿って活動を第三者視点で評価していただき、倫理観と責任感をもって行動するSDGsリーディングカンパニーとしてふさわしい商品やサービスを開発する「SDGs 経営」に取り組みます。