「執筆がしたい、管理はしたくない」記事の執筆・レビューに特化しAI校正を備えたクラウド「Shodo(ショドー)」を株式会社ゼンプロダクツが正式リリース

「執筆がしたい、管理はしたくない」記事の執筆・レビューに特化しAI校正を備えたクラウド「Shodo(ショドー)」を株式会社ゼンプロダクツが正式リリース
拡大する(全1枚)
ブログやオウンドメディアでの記事の執筆、チーム運営やコンテンツマーケティング業界を変える新サービス登場

株式会社ゼンプロダクツ(本社:埼玉県朝霞市、代表取締役社長:清原弘貴。以下ゼンプロダクツ)は2021年7月13日より、チームで記事の執筆・レビュー・AI校正が行えるクラウドサービス「Shodo(TM)(ショドー)」を正式リリースしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/72905/6/resize/d72905-6-cdcc3d176612d27ab306-13.png ]


「今日も管理する仕事ばかりで1日が終わった」。記事の執筆、チームでのコンテンツマーケティングは「ら抜き言葉」の指摘など当たり前のコメントや、作法が面倒なメールでのやり取り、執筆工程の管理で余計な時間がかかってしまいます。「Shodo」は記事の執筆、レビューをクラウド上で行い、管理を減らして本質的な執筆やコラボレーションに時間を使えるよう手助けするWEBサービスです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/72905/6/resize/d72905-6-b1a1ccedbbd9c82be910-1.jpg ]


「1つの記事あたり2時間は削減できました」、「紙に印刷して赤ペンしていた昔の自分に教えたい」、そんな声を反映しながら、2年以上の開発期間を終えて本日正式にリリースされました。「Shodo」はWEBブラウザーがあればインストールなしに記事の執筆や相互レビュー、自動でのAI校正が利用できる新商品です。複数人でブログやオウンドメディアを運営するマーケター、記事やプレスリリースを執筆するライターの方がすぐにでも仕事を改善できます。リモートワーク・テレワークを中心とした仕事環境やDXが推進されるなか、執筆という分野はメールでのレビュー依頼やワードファイルのやり取りに留まりがちです。Shodoは形だけのオンライン化やDXでなく、執筆やライティングの作業やレビューのやり取り自体をWEBサービス内でできるようにし、執筆・ライティング環境を根本から改善する新しいクラウドサービスです。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク