世界のバイオニックアイ市場ータイプ別(外部眼、移植眼)、技術別(電子、機械)、最終用途別(病院、眼科クリニック、その他)および地域別ー予測2022ー2030年

世界のバイオニックアイ市場ータイプ別(外部眼、移植眼)、技術別(電子、機械)、最終用途別(病院、眼科クリニック、その他)および地域別ー予測2022ー2030年
拡大する(全1枚)
SDKI Inc.は、「世界のバイオニックアイ市場ー予測2022ー2030年」新レポートを 2021年10月27日に発刊しました。この調査には、バイオニックアイ市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-91679

バイオニックアイ市場は、2022年に233.0百万米ドルの市場価値から、2030年までに538.2百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に12.7%のCAGRで成長すると予想されています。

[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1324/resize/d72515-1324-5204e76317a585007903-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-bionic-eye-market/35

人工視覚装置とも呼ばれるバイオニックアイは、部分的または完全な失明を経験している患者の視覚機能を回復するために使用される実験的な視覚装置です。個人の失明を癒すために、多くの装置および手術が開発されており、通常は人工内耳または生体工学的耳装置をモデルにしています。バイオニックアイは通常、脳に視覚を与えることができる人工眼と見なされ、多くの場合、人々が視覚能力を向上させるのに役立ちます。これは、世界中でバイオニックアイ市場の成長をもたらしています。さらに、高齢者人口の増加による眼疾患の有病率の上昇、公的および民間組織による資金調達の増加、および製品革新に焦点を当てた集中的な研究開発(R&D)は、バイオニックアイ市場の成長に貢献するいくつかの要因です。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク