【ヘルスケアIoTコンソーシアム】『ヘルスケアアプリケーションの表示に関するガイドライン』発表
拡大する(全1枚)
ヘルスケアIoTコンソーシアムの法制度・標準化部会にて、ヘルスケアアプリに関するサービスを想定した業界自主ガイドライン『ヘルスケアアプリケーションの表示に関するガイドライン』を策定

ヘルスケア情報を個人が自分の意志と権限で流通させ、健康増進に向け個人に合わせた行動変容をアシストする社会基盤づくりを目的とした『ヘルスケアIoTコンソーシアム』の法制度・標準化部会(座長:TMI総合法律事務所 柴野相雄)では、ヘルスケアアプリに関するサービスを想定した業界自主ガイドライン『ヘルスケアアプリケーションの表示に関するガイドライン』を2021年12月に策定いたしました。

ヘルスケア情報を個人が自分の意志と権限で流通させ、健康増進に向け個人に合わせた行動変容をアシストする社会基盤づくりを目的とした『ヘルスケアIoTコンソーシアム』(会長:東京大学 大学院教育学研究科 教授 山本義春)の法制度・標準化部会(座長:TMI総合法律事務所 柴野相雄)では、ヘルスケア関連の商品又はサービスに関する表示を規律する具体的なガイドラインが日本国内に存在しないという現状を踏まえ、ヘルスケアアプリケーションの分野におけるビジネスの萎縮の回避と、当該表示がヘルスケアアプリケーションの利用者にもたらす被害の防止を図ることを目的として、ヘルスケアアプリケーションの表示に関する規律についての業界自主ガイドライン『ヘルスケアアプリケーションの表示に関するガイドライン』を策定いたしました。