AI自動翻訳のロゼッタ ウェビナー『センサー・通信・ノイズ対策など需要が拡大!電子電気業界のAI翻訳活用事例』6月9日(木)開催
拡大する(全1枚)
高精度AI自動翻訳の開発・運営を行う株式会社ロゼッタ(本社:東京都千代田区 代表取締役:渡邊 麻呂)は、無料ウェビナー『センサー・通信・ノイズ対策など需要が拡大!電子電気業界のAI翻訳活用事例)』を2022年6月9日(木)に開催いたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/6279/361/resize/d6279-361-bec10e9eaea6b591c4cd-1.png ]

【申し込み方法】
https://www.rozetta.jp/webinar/detail/220609-14.html
ページ中ほどの参加申し込みフォームよりご登録ください。
※ご登録完了後、参加URLを記載したメールをお送りいたします。

【概要】
IoT/AIの技術を用いて、いま電気電子業界は新しい局面に向かおうとしています。コンセントが要らない非接触による送電をはじめ、微弱電波に反応する高性能センサーから長期蓄電技術まで、社会の未来像を次々と変えていく日本発テクノロジーに海外の企業や機関が注目しています。
一方で、急増した海外コミュニケーションに多くの時間を使い、本来集中すべきコアな業務に時間が割けない事態に頭を抱えている現場社員も増えています。
そこで本ウェビナーでは、海外からの引き合いによって新たに生まれる外国語業務を社員の語学力の優劣にかかわらず誰もが超スピードで遂行でき、しかもISMS準拠のセキュアな環境で機密情報さえ扱うことのできるAI自動翻訳ツール「T-4OO」について紹介。今後、開発や検査、営業、通関部門など電気電子業界における多くのシーンで起こりうる課題を解決するソリューションをお届けします。