猶本光が本音で明かすドイツ挑戦の1年半「馴染むんじゃない、自分のシュタルクを出す」

猶本光が本音で明かすドイツ挑戦の1年半「馴染むんじゃない、自分のシュタルクを出す」

なでしこジャパンの猶本光がSCフライブルク退団を発表した。ドイツに渡って1年半、日本人選手として生き残る術を身につけた。時にはヒートアップして練習中に投げ飛ばされるようなこともありながら、戦うべきところでは一歩も引かずに渡り合ってきた。初めての海外生活挑戦は、猶本にどのような変化をもたらしたのだろうか?

(インタビュー・構成=中野吉之伴、写真=Getty Images)

日独のサッカーに対する考え方の根本的な違い

ドイツ各地でクリスマスマーケットが開かれる12月、町をそぞろ歩く人々の表情はどこか柔らかい。そんな雰囲気が心地いいフライブルクの街中にあるカフェで、なでしこジャパンの猶本光にインタビューを行った。

ドイツに渡り1年半。あるがままを受け入れて、日独の違いを楽しみながら毎日を過ごしてきた。ここ最近の寒さについても「去年より今年のほうが寒い気がする。先週は夜に気温がマイナスだったときがあってグラウンドが凍っていてカチコチ。2日間練習ができなかったです。最悪でしたね」と明るく笑う。そしてこれまでのドイツ生活、女子サッカー・ブンデスリーガでのプレーについての質問にも、言葉を真剣に選びながら、丁寧に答えてくれた。

海外生活は日本でのそれとはやはり違う。いろいろなことがあった。その多くはポジティブな驚きだったようだ。例えば移籍当初、猶本はケガでプレーできない状態だった。すぐにチームに貢献できるわけではない。SCフライブルクはそんな彼女を温かく迎え入れた。最初から仲間として受けとめてくれたのだ。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。