「もうバレーはできない」荒木絵里香、危機乗り越え、母としての葛藤抱えながら至った境地

「もうバレーはできない」荒木絵里香、危機乗り越え、母としての葛藤抱えながら至った境地

今夏での引退を考えていた女子バレーボール日本代表キャプテン・荒木絵里香。今年4度目のオリンピックに挑み、その後は小学1年生になった娘のそばで家族と一緒に過ごすというプランは、東京五輪の延期で崩れ去った。愛する娘から「もうバレーボールやめて」と言われ、それでも歩み始めた2021年東京五輪への道。バレーを続けられる喜び、そして「最高峰の舞台に立ちたい」との強い思いを抱き続ける背景には、大きな困難を乗り越えた経験があった。

(インタビュー・構成=米虫紀子、写真提供=トヨタ車体クインシーズ)

「今年の夏でやめようと思っていましたから……」

──6月に入り、練習は今どんな状況ですか?

荒木:5月16日にトヨタ車体クインシーズの練習が始動したので、チームのほうに合流して練習しています。それまでは自宅でトレーニングしていました。

──ボール練習は久しぶりの再開ですよね?

荒木:そうですね。1カ月半ぶりぐらいでした。ジャンプはまだあまりできないですけど、段階を踏んでいけば、感覚的には全然大丈夫かなと。今まで何回もそういうのは経験してきているから、そんなに困ることはないのかなと思います。

──自宅では主に自体重でのトレーニングだったのでしょうか?

荒木:いえ、夫(ラグビー元日本代表の四宮洋平さん)が(オーナーを務めている)ジムからウエイトトレーニングの道具を持ってきてくれて、家でがっつりトレーニングができる環境を整えてくれました。しかも一緒にやってくれたので、意外と家でもちゃんとできましたね。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「バレーボール + 男子」のおすすめ記事

「バレーボール + 男子」のおすすめ記事をもっと見る

「バレーボール + 女子」のおすすめ記事

「バレーボール + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ハンドボール」のニュース

次に読みたい関連記事「ハンドボール」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. バレーボール 女子
  2. バレーボール 男子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。