「性別の壁を乗り越えた」藤井裕子 柔道・男子ブラジル代表監督が直面するコロナ禍の厳しい現実

「性別の壁を乗り越えた」藤井裕子 柔道・男子ブラジル代表監督が直面するコロナ禍の厳しい現実
拡大する(全1枚)

新型コロナウイルスの感染者が世界で3番目に多いブラジル。その地で柔道の男子ナショナルチーム監督を務める日本人女性がいることをご存知だろうか? 2013年よりブラジル柔道界に身を置く藤井裕子だ。彼女は聡明で意志が強く、コロナ禍に対してもそう簡単には引き下がらない。そのお話を聞いていると世の中にはこんなにスマートな強さを持った女性がいるんだと驚くばかりだ。無論、彼女にとって性別の壁を作る時点でナンセンスだ。東京五輪を最大の目標とし、ブラジルの地で奮闘を続ける藤井に、ブラジルが直面するコロナ禍の現在、そしてブラジル柔道界が置かれた危機について話を聞いた。

(インタビュー・構成=布施鋼治、写真提供=藤井裕子)

プロジェクト名“ミッション・ヨーロッパ”

「全然ダメでした。やり直し」

1月14日午後7時(現地時間)、サンパウロの空港でトランジット中の藤井裕子はSNS通話でのインタビューで深いため息をついた。

数日前、カタールで行われた今年初めての国際大会『ワールドマスターズ』でブラジルの男子代表は惨敗を喫した。全階級にエントリーしたが、最高位は100kg超級のモーラの7位。ブラジル柔道史上初めて女性で男子代表チームの監督を務める藤井が肩を落とすのも無理はなかった。

「まあ世界中のトップばかりが集まる大会なので難しいことはわかっていたけど、そこで戦えるということを力に変える。そうしないといけない大会だった」

敗因を聞くと、「いま考えているところ」とまだ結論が出ていないことを示唆した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

ニュースランキング

ランキングをもっと見る
お買いものリンク