ニルヴァーナの熱狂的な91年の「アニュウリズム」演奏を回想

ニルヴァーナの熱狂的な91年の「アニュウリズム」演奏を回想
25年前の4月5日にこの世を去ったカート・コバーン。『ネヴァーマインド』B面の曲「アニュウリズム」を、地元の観客の前で熱狂的に演奏する映像を振り返る。

1991年10月31日午前、カート・コバーンの元にいい知らせが舞い込んだ。彼のバンド、ニルヴァーナのニューアルバム『ネヴァーランド』が、ゴールドディスクを獲得。リリースからたった1か月ほどで、すでに50万枚のセールスを記録したのだ。アルバムのプロモーションツアーの最中だったニルヴァーナは、シアトルのパラマウント・シアターでハロウィンを迎えることになっていた――成功を収めたロックバンドとしての、初めての帰郷だ。

会場には家族や友人も詰めかけ、撮影クルーがステージを録画する。バンドはジョークを交えながら、19曲のステージを演奏した。「カメラの数がセブンイレブンよりも多いな」と、クリス・ノヴォセリックが冗談を飛ばす。「仮想してる人は、会場の2%ぐらいじゃないか」とデイヴ・グロールが会場を見渡して言う。「なんだ、つまんねぇな。それともパンクロッカーの仮装してきたのかな?」

バンドは、のちにニルヴァーナが『MTVアンプラグド』で演奏して有名になるVaselineの曲「ジーザス・ダズント・ウォント・ミー・フォー・ア・サンビーム」で幕を開け、そのまま勢いにのって「アニュウリズム」へ。リフをたっぷりきかせたイントロが鳴り響く中、コバーンがグロールのドラムの前にひざまずき、やがてノヴォセックのベースが奏でる穏やかなパートへと移っていく。「おいで、ツイストしてごらん/もっとやるんだ/気絶するまで」

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ニルヴァーナ + 六本木」のおすすめ記事

「ニルヴァーナ + 六本木」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スピッツ」のニュース

次に読みたい関連記事「スピッツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュース

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月7日の音楽記事

キーワード一覧

  1. ニルヴァーナ 六本木

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。