カート・コバーンがローリングストーン誌表紙で着用したTシャツのリメイク版が登場
拡大する(全2枚)
1992年に米ローリングストーン誌の表紙を飾ったカート・コバーン。表紙で着用したTシャツにインスパイアされた、法外な値段のデザイナーTシャツが登場した。「商業誌はマジで最悪だ!」という強烈なメッセージが書かれたTシャツの値段はなんと550ドル(およそ6万円)だ。

人気デザイナーのヴァージル・アブローやファッションの過剰性を謳歌するMETガラのようなイベント、さらにはトランプ大統領のメラニア夫人が着たことで物議を醸した「I Dont Care(興味なし)」ジャケット……。ファッション業界は皮肉であふれかえる時代に突入した。こうした事態にさらに油を注いだのが、1992年に米ローリングストーン誌の表紙を飾った際にカート・コバーンが着ていたTシャツから着想を得た、人気ラグジュアリーブランド、ヴェトモン(VETEMENTS)の新作「オーバーサイズ コットンジャージー プリントTシャツ」だ。

「A LOT」という、いかにもアナーキスト的な言葉を加えることでコバーンが着ていたオリジナル(オリジナルにはこの言葉は一切登場しない)よりもさらに過激なメッセージを掲げたTシャツの値段は、なんと550ドル(およそ6万円)だ。

カート・コバーンがローリングストーン誌表紙で着用したTシャツのリメイク版が登場

1992年4月16日発行の米ローリングストーン誌の表紙を飾ったニルヴァーナ(マーク・セリガー撮影)

「1992年当時、カート・コバーンはローリングストーン誌の表紙を通じて、彼なりのやり方で『それでも商業雑誌は最悪だ』と由緒ある雑誌社を茶化した。そして2019年のいま、デザイナーのデムナ・ヴァザリア氏はヴェトモンのランウェイを通じて同じことを行なっている」とファッションエディターはコメントした。「コットンジャージー製のTシャツには、コレクションのテーマのひとつでもある『アンチソーシャル(反社会的)』な側面がさらにアナーキスト的な要素とともに表現されている」。(何のことやら? という読者のために補足しておこう。このTシャツは政府による監視プログラムやダーク・ウェブを「アンチソーシャル」というテーマと結びつけたヴェトモンの2019秋冬コレクションの一部なのだ。とはいっても、モデルは抗議運動のシンボルの”ガイ・フォークス・マスク”なんてつけていない)。

この記事の画像

「カート・コバーンがローリングストーン誌表紙で着用したTシャツのリメイク版が登場」の画像1 「カート・コバーンがローリングストーン誌表紙で着用したTシャツのリメイク版が登場」の画像2