フォトギャラリー:キース・リチャーズの音楽人生を振り返る写真展

フォトギャラリー:キース・リチャーズの音楽人生を振り返る写真展
いつだってキース・リチャーズは、自然体でクールな姿が絵になる男だ。

そして今、そんな彼の魅力に迫る新たな写真展が開かれる。米ニューヨークのモリソン・ホテル・ギャラリーで開催中の『Keith, Unfiltered』展は、リン・ゴールドスミス、ボブ・グリュエン、ノーマン・シーフなど、音楽フォトグラファーの巨匠たちが撮影した作品などを展示している。自慢のロールスロイスにもたれかかるキース、ジャック・ダニエルのボトルを手に闊歩するキース、レンズに向かってタバコの煙をくゆらせるキース。撮影時期がいつであろうと、彼はいつだって自信たっぷりだ。

「俺は俺らしく生きてきた。そして今ここにいる。なぜなら自分が何者なのか、ずっと探し続けてきたからさ」と以前、ローリングストーン誌とのインタビューに答えた。「もしキース・リチャーズのようになりたければ、同じ体質じゃないとな。俺は丈夫な血筋の生まれなんだ。でなきゃ今ごろくたばってるよ」

展覧会は6月22日まで、ニューヨーク、ロサンゼルス、マウイで開催される予定。

フォトギャラリー:キース・リチャーズの音楽人生を振り返る写真展

キース・リチャーズと第三の目
「タバコ、おしゃべり、音楽、照明、キース・リチャーズ、ニコン。親密な雰囲気で行われたニューヨークシティでの撮影。次の瞬間、煙が宙に舞い、1992年以降永遠に魔術師の上に漂っている」
ステファニー・フリンダー・スタイランダー
(Photo by Stephanie Pfriender Stylander/Morrison Hotel Gallery)

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年5月25日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。