テラハ出演からカフェライブまで、怒涛の7年を過ごした住岡梨奈が音楽活動を休止する理由
拡大する(全2枚)
シンガー・ソングライター、住岡梨奈が自身の集大成となるベスト盤『住岡梨奈 2012-2019』を発表した。キューンソニー時代から徳間ジャパン時代までの全楽曲から住岡梨奈自身が収録曲をセレクトし、新曲2曲も追加した。今年8月で活動を休止する住岡梨奈に、7年間の歩みを振り返ってもらいつつ、その心境をあらためて聞いてみた。

―ベスト盤『住岡梨奈 2012-2019』をリリースして活動をお休みされることをニュースで知って。ご自身の心境としてはどうでしょうか。

今は8月のライブ(住岡梨奈 LIVE tour 2019「笑顔のために」)に向けてすごく前を向いていますね。どうしたら成功させられるか、お客さんとどう向き合おうかということで頭がいっぱいで、寂しさよりも自分が最後に出せるものって何だろう?と、自分自身と向き合っている感じがします。

―目の前にあるものをまずは完璧にこなそう、というスタンスなんですね。住岡さんのInstagramで、Rihwaさんと山崎あおいさんの3人で写真を撮られていましたね。同じ北海道出身でデビューも2012年?

そうなんです。私が6月デビューでRihwaちゃんが7月、あおいちゃんが8月だったかな。同じ年に1カ月ごとにデビューしているんです。デビューする前に対バンもしていて、お互い知っている仲でみんなが上京したので、定期的に会っています。実はこの後発表になるんだけど……というメールを送って、”近々ご飯に行こうよ”と集まった時に撮ったのがインスタの写真ですね。同郷で、仲間であり切磋琢磨し合える存在でもあり、お互い人としても尊敬し合っているので、「人生一回きりだもんね」と私が決めた道を応援してくれました。

この記事の画像

「テラハ出演からカフェライブまで、怒涛の7年を過ごした住岡梨奈が音楽活動を休止する理由」の画像1 「テラハ出演からカフェライブまで、怒涛の7年を過ごした住岡梨奈が音楽活動を休止する理由」の画像2